日英知財研究

101条で規定する発明の主題


”2105特許性のある主題―生物的主題[R-9]”の続き1

In view of this decision, the Office has issued these guidelines as to how 35 U.S.C. 101 will be interpreted.

この判決を考慮し米国特許庁は、101条の解釈に関するガイドラインを発行した。

 

The Supreme Court made the following points in the Chakrabarty opinion:

Chakrabarty事件における意見として、最高裁判所は以下のポイントを指摘した:

1. “Guided by these canons of construction, this Court has read the term ‘manufacture’ in § 101 in accordance with its dictionary definition to mean ‘the production of articles for use from raw materials prepared by giving to these materials new forms, qualities, properties, or combinations whether by hand labor or by machinery.’”

1.“規範に従い、本法定では101条の用語‘manufacture’について、辞書の定義‘準備した原材料に、新たな形状、品質、特性、またはそれらの他の組み合わせを手作業または機械作業で与えることにより生産した生産物’に従って解釈する。”

2. “In choosing such expansive terms as ‘manufacture’ and ‘composition of matter,’ modified by the comprehensive ‘any,’ Congress plainly contemplated that the patent laws would be given wide scope.”

2.“主題に関する‘生産物’及び‘組成物’に対して拡張的な用語を選択した。議会は、包括的な解釈で修正することにより、特許法は広い範囲を対称とするものである、と判断した。”

<ポイント>

・特許法が扱う発明の定義に関して言及している。人間による創作的活動が加えられた物は、発明の対象となる。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP