日英知財研究

人体に関する発明


”2105特許性のある主題―生物的主題[R-9]”の続き5

Following the reasoning in Chakrabarty, the Board of Patent Appeals and Interferences ** determined that animals are patentable subject matter under 35 U.S.C. 101. In Ex parte Allen, 2 USPQ2d 1425 (Bd. Pat. App. & Inter. 1987), the Board decided that a polyploid Pacific coast oyster could have been the proper subject of a patent under 35 U.S.C. 101 if all the criteria for patentability were satisfied. Shortly after the Allen decision, the Commissioner of Patents and Trademarks issued a notice (Animals – Patentability, 1077 O.G. 24, April 21, 1987) that the Patent and Trademark Office would now consider nonnaturally occurring, nonhuman multicellular living organisms, including animals, to be patentable subject matter within the scope of 35 U.S.C. 101.

Chakrabarty事件での論法を踏まえて、特許審判部は、動物も101条に基づく特許性のある主題になる、と判断した。Ex parte Allen, 2 USPQ2d 1425 (Bd. Pat. App. & Inter. 1987)において、審判部は、倍数体である太平洋沿岸のカキも、全ての特許要件を満たす場合、101条に基づく特許性のある主題になる、と判断した。つまり、Allen事件の判決のあと特許庁長官は、以下の様な米国特許庁の判断を発表した(Animals – Patentability, 1077 O.G. 24, April 21, 1987)。自然には生じない生物であって人間ではない多細胞生物は、動物も含めて101条に基づく特許性のある主題となる。

 

The Leahy-Smith America Invents Act (AIA), Public Law 112-29, sec. 33(a), 125 Stat. 284, states:

米国特許改正法(AIA)、公法112-29、セクション33(a)、125 スタット284は、以下のように明言する:

Notwithstanding any other provision of law, no patent may issue on a claim directed to or encompassing a human organism.

いずれの法律によっても、人体に関するクレーム又は人体を包含するクレームに対し、特許が発行される事は無い。

<ポイント>

・ 生物的発明も米国特許法で保護されるが、人体に関する発明・人体を包含する発明は保護対象とならない。

・ 医療行為に特許権が及んだ場合、医者の治療を受けられなくなる可能性がある。そのため日本の特許法でも同様に、人体に関する発明を保護対象から除外している(「産業上利用することができる発明」及び「医薬発明」の審査基準改訂について)。

 


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP