日英知財研究

生体×、植物新品種○


”2105特許性のある主題―生物的主題[R-9]”の続き7

If the broadest reasonable interpretation of the claimed invention as a whole encompasses a human * > organism < , then a rejection under 35 U.S.C. 101 > and AIA sec. 33(a) < must be made indicating that the claimed invention is directed to > a human organism and is therefore < nonstatutory subject matter. > Form paragraph 7.04.01 may be used; see MPEP § 706.03(a). < Furthermore, the claimed invention must be examined with regard to all issues pertinent to patentability, and any applicable rejections under 35 U.S.C. 102, 103, or 112 must also be made.

クレームの発明を広く解釈したときに全体として人間(生体)が含まれることになる場合、101条(AIAのセクション33(a))に基づく拒絶と判断され、クレームの発明が非法定の主題である人体を対象としていると通知される。パラグラフ7・04.01が用いられる場合もある(MPEP §706.03(a)を参照)。更にクレームの発明は、特許性に関する全ての事項を考慮して審査されなければならず、102条、103条又は112条に基づく拒絶も通知され得る。

With respect to plant subject matter, the Supreme Court held that patentable subject matter under 35 U.S.C. 101 includes newly developed plant breeds, even though plant protection is also available under the Plant Patent Act (35 U.S.C. 161 164) and the Plant Variety Protection Act (7 U.S.C. 2321 et. seq.). J.E.M. Ag Supply, Inc. v. Pioneer Hi-Bred Int’ l, Inc., 534 U.S. 124, 143-46, 122 S.Ct. 593, 605-06, 60 USPQ2d 1865, 1874 (2001) (The scope of coverage of 35 U.S.C. 101is not limited by the Plant Patent Act or the Plant Variety Protection Act; each statute can be regarded as effective because of its different requirements and protections). In analyzing the history of the Plant Patent Act of 1930, the Court stated: “In enacting the Plant Patent Act, Congress addressed both of these concerns [the concern that plants, even those artificially bred, were products of nature for purposes of the patent law and the concern that plants were thought not amenable to the written description]. It explained at length its belief that the work of the plant breeder ‘in aid of nature’ was patentable invention. S. Rep. No. 315, 71st Cong., 2d Sess., 6-8 (1930); H.R. Rep. No. 1129, 71st Cong., 2d Sess., 7-9 (1930).” See also Ex parte Hibberd, 227 USPQ 443 (Bd. Pat. App. & Inter. 1985), wherein the Board held that plant subject matter may be the proper subject of a patent under 35 U.S.C. 101 even though such subject matter may be protected under the Plant Patent Act or the Plant Variety Protection Act.

植物の主題に関して最高裁判所は、新たに開発された植物種はプラントパテントアクト(161164条)及び植物変種保護法(7 U.S.C. 2321 et. seq.)でも保護されるが、101条に基づく発明の主題にも含まれる、と判断している。J.E.M. Ag Supply, Inc. v. Pioneer Hi-Bred Int’ l, Inc., 534 U.S. 124, 143-46, 122 S.Ct. 593, 605-06, 60 USPQ2d 1865, 1874 (2001)(101条でカバーする範囲は、プラントパテントアクト又は植物変種保護法により制限を受けるものではない;それぞれが異なる要件や保護範囲を有しているため、それぞれの法律は独立して考慮され得る)。1930年からあるプラントパテントアクトの歴史を分析し、最高裁判所は以下のように述べている:“プラントパテントアクトを成立させるにあたり、連邦政府は、以下の二つの事項を考慮する[人工的に交配されたものであっても、植物は特許法の目的となる生成物に該当するという事項、及び、植物に説明書を与えても植物は従順に従うようなものではないという事項]。このような事項を考慮した場合、‘自然の助けを借りた’植物交配者の仕事は、特許性のある発明として扱うべきであると考えられる。S. Rep. No. 315, 71st Cong., 2d Sess., 6-8 (1930); H.R. Rep. No. 1129, 71st Cong., 2d Sess., 7-9 (1930)”。Ex parte Hibberd, 227 USPQ 443 (Bd. Pat. App. & Inter. 1985)も参照。植物に関する主題がプラントパテントアクト又は植物変種保護法で保護される物であったとしても、101条に基づく発明の主題として保護され得る、と審判においても判断された。

<ポイント>

・ 生体は発明の保護対象ではないが、植物新品種は発明の保護対象となる。植物新品種は、プラントパテントアクトの保護対象でもある。

・ 日本においても、植物新品種は発明の保護対象となり得る。また、種苗法による保護対象ともなり得る


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP