日英知財研究

特許の主題適格性分析方法


2106 Patent Subject Matter Eligibility [R-9]

There are two criteria for determining subject matter eligibility and both must be satisfied. The claimed invention (1) must be directed to one of the four statutory categories, and (2) must not be wholly directed to subject matter encompassing a judicially recognized exception, as defined below. The following two step analysis is used to evaluate these criteria.

I. THE FOUR CATEGORIES OF STATUTORY SUBJECT MATTER

Step 1: Is the claim directed to one of the four patent-eligible subject matter categories: process, machine, manufacture, or composition of matter? The subject matter of the claim must be directed to one of the four subject matter categories. If it is not, the claim is not eligible for patent protection and should be rejected under 35 U.S.C. 101 , for at least this reason.

2106 特許の主題事項についての適格性[R-9]

主題の適格性を判断するための基準が2つあり、両方とも満たす必要がある。(1)クレームの発明は、4つのカテゴリーのいずれか一つを対象とするものでなければならない。(2)クレームの発明は全体として、以下で述べるような司法上除外事項であると判断された内容を包含するような主題を対象とするものであってはならない。これらの基準を評価するために、以下の2段階分析が用いられる。

I.法定の主題に関する4カテゴリー

ステップ1:クレームが、process(方法)、machine(機械)、manufacture(生成物)又はcomposition(組成物)からなる4つの特許性のある主題のいずれかを対象としているか。クレームの主題は、主題に関する4カテゴリーのいずれか一つを対象としていなければならない。もしこの要件を満たさない場合、クレームは特許法における適格性を有しておらず、少なくともこの理由により101条に基づいて拒絶される。

<ポイント>

・ 特許の主題が保護対象となるか否かの判断に、2つのステップが用いられる。その一つにあたるステップ1では、クレームの主題が4カテゴリーに属するかどうかを検討する。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP