日英知財研究

それ自体×、それ自体を用いた方法および製品であれば○


2106 Patent Subject Matter Eligibility [R-9]の続き6

Thus, “a new mineral discovered in the earth or a new plant found in the wild is not patentable subject matter” under Section 101. Chakrabarty, 447 U.S. at 309, 206 USPQ at 197. “Likewise, Einstein could not patent his celebrated law that E=mc2; nor could Newton have patented the law of gravity.” Ibid. Nor can one patent “a novel and useful mathematical formula,” Flook, 437 U.S. at 585, 198 USPQ at 195; electromagnetism or steam power, O’Reilly v. Morse, 56 U.S. (15 How.) 62, 113-114 (1853); or “[t]he qualities of … bacteria, … the heat of the sun, electricity, or the qualities of metals,” Funk, 333 U.S. at 130, 76 USPQ at 281; see Le Roy, 55 U.S. (14 How.) at 175.

While abstract ideas, physical phenomena, and laws of nature are not eligible for patenting, methods and products employing abstract ideas, physical phenomena, and laws of nature to perform a real-world function may well be. In evaluating whether a claim meets the requirements of 35 U.S.C. 101 , the claim must be considered as a whole to determine whether it is for a particular application of an abstract idea, physical phenomenon, or law of nature, and not for the abstract idea, physical phenomenon, or law of nature itself. Diehr, 450 U.S. at 188-178.

したがって、101条においては、“地球上で発見された新たな鉱山または新たに発見された野生の植物は、特許性のある主題ではない”。Chakrabarty, 447 U.S. at 309, 206 USPQ at 197。“同様にアインシュタインは、彼が見出した法則E=mc2に対して特許を受けることができない;またニュートンは、万有引力の法則に対して特許を受けることができない”。同様に、“新規で有用な数式”に対して、誰も特許を受けることができない。Flook, 437 U.S. at 585, 198 USPQ at 195;電磁気力または水蒸気力、O’Reilly v. Morse, 56 U.S. (15 How.) 62, 113-114 (1853);又は、“バクテリアの…特性、…太陽熱、電気、又は金属の特性” Funk, 333 U.S. at 130, 76 USPQ at 281; see Le Roy, 55 U.S. (14 How.) at 175。

抽象的なアイデア、物理的現象、及び自然法則は特許の保護対象ではないが、その抽象的なアイデア、物理的現象、及び自然法則を用いた方法または製品であって、現実世界において機能を発揮するものは、特許の保護対象となり得る。クレームが米国特許法101条の要件を満たすか否かの判断においては、クレーム全体を考慮して、抽象的なアイデア、物理的現象、及び自然法則を適用したものに該当するか、単に抽象的アイデア、物理的現象、及び自然法則そのもの自体ではないかを判断しなければならない。Diehr, 450 U.S. at 188-178。

<ポイント>

・アインシュタインが見出した法則“E=mc2”自体は米国特許法の保護対象ではないが、その法則“E=mc2”を用いた方法または製品であれば、保護対象となり得る。

・日本特許法でも同様であり、保護対象について“この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう”と定義してある(2条1項

 


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP