日英知財研究

方法クレームでの物質変換


2106 Patent Subject Matter Eligibility [R-9]の続き25

“Transformation and reduction of an article ‘to a different state or thing’ is the clue to patentability of a process claim that does not include particular machines.” Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, 130 S. Ct. 3218, 3227, 95 USPQ2d 1001 (2010)(quoting Gottschalk v. Benson, 409 U.S. 63, 70, 175 USPQ 673, ___ (1972). If such a transformation exists, the claims are less likely to be drawn to an abstract idea; if not, they are more likely to be so drawn.

An “article” includes a physical object or substance. The physical object or substance must be particular, meaning it can be specifically identified. An article can also be electronic data that represents a physical object or substance. For the test, the data should be more than an abstract value. Data can be specifically identified by indicating what the data represents, the particular type or nature of the data, and/or how or from where the data was obtained.

“物質の変換および減少させて‘異なる状態または事物へと導く’ことは、具体的なmachineを含まない処理クレームの特許性を保証するものである。” Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, 130 S. Ct. 3218, 3227, 95 USPQ2d 1001 (2010)(quoting Gottschalk v. Benson, 409 U.S. 63, 70, 175 USPQ 673, ___ (1972)。もし、そのような変換が存在する場合、クレームは抽象的なアイデアと考えられにくくなる;もしそうでなければ、抽象的なアイデアと考えられやすくなる。

“article”には、物理的な対象物や物質が含まれる。物理的な対象物や物質は、具体性があり、実際に特定され得ることを意味する。そのarticleは、物理的な対象物や物質を表す電子データでもあり得る。テストに対しては、データが抽象的な値以上のものである必要がある。データは、そのデータが表す物・そのデータのタイプや本質・どこから又はどのようにしてそのデータが得られたのかを示すことにより、具体的に特定され得る。

<ポイント>

・ 方法クレームにおいて、その方法の主体である装置等について言及しない場合であっても、特許法の保護対象になる場合がある。牛乳をチーズに変換させる等の様な、物質の物理的な状態を変換させる方法クレームがその一つである。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP