日英知財研究

物質または材料の変化


2106 Patent Subject Matter Eligibility [R-9]の続き27

Where a transformation occurs, the following factors are relevant:

 (a) The particularity or generality of the transformation. The Supreme Court has stated that an invention comprising a process of “’tanning, dyeing, making waterproof cloth, vulcanizing India rubber [or] smelting ores’ . . . are instances . . . where the use of chemical substances or physical acts, such as temperature control, changes articles or materials [in such a manner that is] sufficiently definite to confine the patent monopoly within rather definite bounds.” Gottschalk v. Benson, 409 U.S. 63, 70, 175 USPQ 673, ___ (1972) (discussing Corning v. Burden, 15 How.(56 U.S.) 252, 267-68). A more particular transformation would weigh in favor of eligibility.

以下の要素と関連する場合、変換が生じていると判断し得る:

(a)変換の特殊性または一般性。最高裁判所は、次のように述べている。“‘なめしを行ったり、染めたり、防水布を生成したり、インドゴムに加硫したり、[又は]鉱石を精錬したり’等、化学物質の使用または、温度変化などの物理的影響により物質または材料を変化させる”処理を含む発明は、特許の独占権を明確な境界内へと適切に制限するものである。Gottschalk v. Benson, 409 U.S. 63, 70, 175 USPQ 673, ___ (1972)(Corning v. Burden, 15 How.(56 U.S.) 252, 267-68における議論)。より具体的な変換であれば、特許法の保護対象として更にウェートが高い。

<ポイント>

・ 生卵を過熱によりゆで卵にするような方法クレームの場合、『温度変化などの物理的影響により物質または材料を変化させる処理』になると考えられる。そのため、この方法クレームの場合には、処理の主体となる装置などをきさせずとも、抽象的なアイデアと判断される事態を回避し得る。

 


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP