日英知財研究

自然法則の利用


2106 Patent Subject Matter Eligibility [R-9]の続き30

(c) Whether performance of the claimed method involves an application of a law of nature, even in the absence of a particular machine, apparatus, or transformation

An application of a law of nature may represent patent-eligible subject matter even in the absence of a particular machine, apparatus, or transformation. See, e.g., Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, 130 S. Ct. 3218, 3227, 95 USPQ2d 1001 (2010)(citing Diamond v. Diehr, 450 U.S. 175, 187, 209 USPQ 1, ___ (1981)) (stating that the Court had previously “explicitly declined to ‘hold that no process patent could ever qualify if it did not meet [machine or transformation] requirements.”) (quoting Gottschalk v. Benson, 409 U.S. 63, 67, 175 USPQ 673, ___ (1972)). If such an application exists, the claims are less likely to be drawn to an abstract idea; if not, they are more likely to be so drawn. See MPEP § 2106.01 for further guidance regarding subject matter eligibility determinations during examination of process claims that involve laws of nature/natural correlations.

(c)具体的なmachine、apparatus又は変換が無い場合であっても、クレームされた方法の実行が自然法則の利用を含んでいるか否か。

machine、apparatus又は変換が見られない場合であっても、自然法則の利用によって、特許法の保護対象を示し得ることもある。例えば、Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, 130 S. Ct. 3218, 3227, 95 USPQ2d 1001 (2010)(Diamond v. Diehr, 450 U.S. 175, 187, 209 USPQ 1, ___ (1981)を引用) (装置・変換テストの要件を満たす場合に処理が保護対象になると既に明確に最高裁判所は示していた、と述べられている) (Gottschalk v. Benson, 409 U.S. 63, 67, 175 USPQ 673, ___ (1972)を引用)。もしそのような利用が存在した場合、抽象的なアイデアとしてクレームが取下げられにくくなる。もしそのような利用が存在しない場合、クレームは当然に取下げられる。自然法則/自然関連物を含む方法クレームに対する審査において、特許法の保護対象か否かの判断についての更なるガイドラインに関しては、MPEP2106.1を参照。

<ポイント>

・ machine、apparatus、変換などが明記していないような方法クレームは通常、抽象的なアイデアと判断され、特許法の保護対象とならない。

・ しかし、自然法則の利用について方法クレームに記載する事により、特許法の保護対象となる場合がある。そのような自然法則の利用と保護対象判断との関係については、後にあるパラグラフMPEP2106.1で説明される。

 

 


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP