日英知財研究

特許法の保護対象外となる例II


2106 Patent Subject Matter Eligibility [R-9]の続き40

See, e.g., Bilski, 138 S. Ct. at 3231 (stating “[t]he concept of hedging, described in claim 1 and reduced to a mathematical formula in claim 4, is an unpatentable abstract idea.”), In re Ferguson, 558 F.3d 1359, 90 USPQ2d 1035 (2009) (cert. denied Ferguson v. PTO, June 29, 2010)(finding ineligible “methods . . . directed to organizing business or legal relationships in the structuring of a sales force (or marketing company);” Benson, 409 U.S. at 67 (stating “mental processes, and abstract intellectual concepts are not patentable, as they are the basic tools of scientific and technological work.”); Bilski, 130 S. Ct. at 3231 (quoting Le Roy v. Tatham, 14 How. (55 U.S.) 156, 175 (“[a] principle, in the abstract, is a fundamental truth; an original cause; a motive; these cannot be patented, as no one can claim in either of them an exclusive right”)). See also Bilski, 130 S. Ct. at 3259 (Breyer, J. concurring).

Bilski, 138 S. Ct. at 3231 (以下のように述べている。“クレーム1に記載してあり、クレーム4の数式へと削減されたヘッジングの概念は、特許性のない抽象的なアイデアである”)を参照。In re Ferguson, 558 F.3d 1359, 90 USPQ2d 1035 (2009) (認可取り消し Ferguson v. PTO, June 29, 2010)(以下の不適切な内容が見つかった。“販売力の構築(又は企業のマーケティング)におけるビジネスの組織化または法的関係を対象とする方法”; Benson, 409 U.S. at 67 (以下のように述べている。“精神の処理、及び抽象的な知的概念は、科学および技術的作業の基本的ツールであるため、特許性が無い”); Bilski, 130 S. Ct. at 3231 (Le Roy v. Tatham, 14 How. (55 U.S.) 156, 175を引用 (“抽象的概念における原理とは、基本的真実のことをいう;元々の原因; 動機; これらのいずれに対しても排他権を求めることはできないため、これらに対して特許を受けることが出来る者はいない”)). Bilski, 130 S. Ct. at 3259 (Breyer, J. 同意)も参照。

<ポイント>

・ 精神の処理、及び抽象的な知的概念は、特許法の保護対象ではない。

・ しかしながら、これまで見てきたMPEP記載内容を考慮した場合、その精神の処理、及び抽象的な知的概念に、処理主体として“コンピュータ”等を明記することにより、特許法の保護対象と判断させ得る可能性もある。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP