日英知財研究

特許すべきかという入口的質問


2106 Patent Subject Matter Eligibility [R-9]の続き42

If the factors indicate that the method claim is not merely covering an abstract idea, the claim is eligible for patent protection under 35 U.S.C. 101 and must be further evaluated for patentability under all of the statutory requirements, including utility and double patenting (35 U.S.C. 101 ); novelty (35 U.S.C. 102); non-obviousness ( 35 U.S.C. 103 ); and definiteness and adequate description, enablement, and best mode (35 U.S.C. 112). 35 U.S.C. 101 is merely a coarse filter and thus a determination of eligibility under 35 U.S.C. 101 is only a threshold question for patentability. 35 U.S.C. 102, 103 , and 112 are typically the primary tools for evaluating patentability unless the claim is truly abstract, see, e.g., Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, ___, 130 S. Ct. 3218, 3229, 95 USPQ2d 1001, ___ (2010). (‘‘[S]ome business method patents raise special problems in terms of vagueness and suspect validity.’’).

方法クレームが単に抽象的なアイデアをカバーしているものではないということをその要素が示している場合、クレームは、101条に基づく特許法の保護対象となり、単一性、2重特許(101条)、新規性(102条)、非自明性(103条)、明確性および記載要件、実施可能要件、及びベストモード要件(112条)などの全ての要件を満たすことにより特許性が評価されなければならない。101条は、単なる粗いフィルタに過ぎないため、101条に基づく特許性の判断は、特許すべきかという入口的質問にすぎない。102条103条及び112条は、クレームが抽象的ではない場合、特許性を評価するための典型的な主要ツールである。Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, ___, 130 S. Ct. 3218, 3229, 95 USPQ2d 1001, ___ (2010). (‘‘曖昧さと疑わしい有効性とに関する特別な問題を有するビジネス方法特許がある’’)

<ポイント>

・ クレームが特許法の保護対象か否かは、特許すべきかという問題に対する入口的質問にすぎない。クレームが特許法の保護対象であると判断されても、それをもって特許権が付与されるわけではない。その判断を受けた後、つまり入口的質問をパスした後、単一性、新規性、非自明性等を満たし、初めて特許権が付与される。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP