日英知財研究

クレーム全体を考慮して判断


2106.01 ** > Subject Matter Eligibility Analysis of Process Claims Involving Laws of Nature [R-11.2013]

I. SUMMARY

The following guidance is intended for use in subject matter eligibility determinations during examination of process claims that involve laws of nature/natural correlations, such as the claims in Mayo Collaborative Services v. Prometheus Laboratories, Inc., 566 U.S. __, 132 S.Ct. 1289, 101 USPQ2d 1961 (2012) (Mayo). Process claims that are directed to abstract ideas, such as the claims in Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, 130 S. Ct. 3218, 95 USPQ2d 1001 (2010), should continue to be examined using the guidance set forth in MPEP § 2106.

The guidance set forth in this section should be followed for examination of process claims in which a law of nature, a natural phenomenon, or a naturally occurring relation or correlation (collectively referred to as a natural principle in the guidance) is a limiting element or step. In summary, process claims having a natural principle as a limiting element or step should be evaluated by determining whether the claim includes additional elements/steps or a combination of elements/steps that integrate the natural principle into the claimed invention such that the natural principle is practically applied, and are sufficient to ensure that the claim amounts to significantly more than the natural principle itself. If the claim as a whole satisfies this inquiry, the claim is directed to patent-eligible subject matter. If the claim as a whole does not satisfy this inquiry, it should be rejected under 35 U.S.C. 101 as being directed to non-statutory subject matter.

2106.01**>自然法則を含む処理クレームの主題に関する特許法の保護対象か否かの分析[R-9]

I.要旨

以下のガイドラインは、例えばMayo Collaborative Services v. Prometheus Laboratories, Inc., 566 U.S. __, 132 S.Ct. 1289, 101 USPQ2d 1961 (2012) (Mayo)でのクレームのように、自然法則/自然の相互関係を含むような処理クレームの審査において主題が保護対象であるか否かの判断に使用されるものである。Bilski v. Kappos, 561 U.S. ___, 130 S. Ct. 3218, 95 USPQ2d 1001 (2010)でのクレームのように、抽象的なアイデアを対象としている処理クレームは、MPEP2106で記載したガイドラインを使用して審査が行われる。

本セクションで記載されたガイドラインは、自然法則、自然現象または自然に生じる関係又は相関関係(ガイドラインにある自然原理を参照)が限定要素またはステップとなっている処理クレームの審査に用いられる。限定要素またはステップとして自然原理を有している処理クレームは、概して、他の要素/ステップをそのクレームが含んでいるか否かの判断によって評価される。又は、自然の原理をクレームの発明に一体化させて、自然の原理が実際に適用されるに至っており、クレームが自然原理自体を十分越えていると確認させ得るような要素/ステップとの組み合わせを含んでいるか否かの判断によって評価される。クレーム全体としてこの要件を満たしている場合、そのクレームは、特許法の保護対象となる主題を扱っていることになる。クレーム全体としてこの要件を満たしていない場合、非法定の主題を扱っているとして101条に基づいて拒絶される。

<ポイント>

・ 特許法の保護対象か否かは、クレーム全体で判断される。

・ クレームの一部に、自然法則自体などが含まれていても、直ちに特許法の保護対象でないと判断されるわけではない。その他の要素を含めたクレーム全体を考慮し、その含まれていた自然法則が実際に適用されている場合には、特許法の保護対象と判断され得る。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP