日英知財研究

「備える」は「comprising」?


次の様な内容の日本語クレームがあったと想定する。「タッチパネルと筐体を2つに折り畳んで重ねる畳重構造とを備えることを特徴とする携帯電話端末。」

この場合、「備える」としてどのような英単語を選択すればよいのであろうか。まず念頭に浮かぶのは、クレームでよく用いられている「comprising」である。では、その他の英単語を用いた場合にどのように受け取られ得るのであろうか。

MPEP211.03では、「comprising」をクレームtransition phraseにおける非限定的表現と説明している。例えば、「携帯電話端末 comprising タッチパネル and 畳重構造」の場合、「携帯電話端末はタッチパネルと 畳重構造とを備えているが、携帯電話端末はその他の要素たとえばUSBケーブル・電源ボタン等を備えているかもしれないし、備えていないかもしれない」という内容を読み手に伝えることになる。

「comprising」と類似の非限定的表現として、MPEP211.03ではその他に、「including」、「containing」、及び「characterized by」が挙げられている。「comprising」と同様に非限定的に扱われるのであるならば、「comprising」の代わりに「including」、「containing」、又は「characterized by」を用いたクレームも同じ頻度で見られて良いように思われるが、実際には「comprising」が断然に多いように思われる。一つの理由として、非限定的な程度の強弱・多数派有利の法則が関与しているように思われる。

また、「comprising」とは異なる限定的表現として「consisting of」が記載してある。例えば、「携帯電話端末 consisting of タッチパネル and  畳重構造」の場合、「携帯電話端末はタッチパネルと 畳重構造とを備えているが、それ以外の要素たとえばUSBケーブル・電源ボタン等は絶対に含んでいない」という内容を読み手に伝えることになる。その他の要素を絶対に含まないことが従来技術との差であるならば「consisting of」を用いることが適当であるが、少しでも他の要素が含まれている実施品は権利範囲から外れる扱いを受け得るため、注意が必要である。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP