コラム特許翻訳:ハイフン②~細かいルールと使用例~


英文において、名詞前の形容詞が複数の語からなる場合、それら複数の語をハイフンで適切につないで誤解を避けるという手法があります。

The Chicago Manual of Style(シカゴマニュアル)が推奨するハイフンルールのうち、基本ルールを「ハイフン①~名詞前の形容詞句をハイフンでつなぐ際の基本ルール~」にまとめました。基本ルールのほかに、シカゴマニュアルにはより細かいルールが表形式※1で記載されており、概要を以下にまとめました。

カテゴリ/特定の表現 ルールの概要
年齢に関する表現 a three-year-old
a five-year-old child
a group of eight- to ten-year-olds
例外:
seven years old
eighteen years of age
名詞の形式、形容詞の形式ともにハイフンを付ける(例外として、最後の2つの例参照)。
化学物質 sodium chloride
sodium chloride solution
名詞の形式、形容詞の形式ともにハイフンなし。
色に関する表現 emerald-green tie
reddish-brown flagstone
blue-green algae
snow-white dress
black-and-white print
例外:
his tie is emerald green
the stone is reddish brown
the water is blue green
the clouds are snow white
the truth isn’t black and white
名詞の前ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンを付けない。
方角に関する表現 northeast
southwest
east-northeast
a north–south street
the street runs north–south
2つの方角の場合、名詞の形式、形容詞の形式、副詞の形式ともに2つの方角をつなげる。
3つの方角の場合、1番目の方角の後にハイフンを使用する。
“from … to”を表現する場合、「エヌダッシュ」(アルファベットのnの幅の長さを持つダッシュ記号)を使用する(最後の2例参照)。
外国語を含んだ表現 an a priori argument
a Sturm und Drang drama
in vitro fertilization
a tete-a-tete approach
もとの表現にハイフンが使用されていない限り、ハイフンなし。
分数を含んだ表現① a half hour
a half-hour session
a quarter mile
a quarter-mile run
an eighth note
名詞の形式ではハイフンなし、形容詞の形式ではハイフンを付ける。
分数を含んだ表現② one half
two-thirds
three-quarters
one twenty-fifth
one and three-quarters
a two-thirds majority
three-quarters done
a one twenty-fifth share
名詞の形式、形容詞の形式、副詞の形式ともにハイフンを付ける。但し、2つ目の表現にハイフンが付いている場合を除く。
数字+省略表現 the 33 m distance
a 2 kg weight
a 3 ft. high wall
常にハイフンなし。
数字+名詞 a hundred-meter race
a 250-page book
a fifty-year project
a three-inch-high statuette
it’s three inches high
a one-and-a-half-inch hem
one and a half inches
a five-foot-ten quarterback
five feet ten [inches tall]
five- or ten-minute intervals
名詞の前ではハイフンを付け、それ以外ではハイフンなし。最後の例において、最初の数字の後にスペースがあることに注意。
数字+% 50 percent
a 10 percent raise
名詞の形式、形容詞の形式ともに、常にハイフンなし。
数字、序数+名詞 on the third floor
third-floor apartment
103rd-floor view
fifth-place contestant
twenty-first-row seats
名詞前の形容詞の形式ではハイフンを付ける。
数字、序数+最上級表現 a second-best decision
third-largest town
fourth-to-last contestant
he arrived fourth to last
名詞の前ではハイフンを付け、それ以外ではハイフンなし。
数字をスペルアウトした場合 twenty-eight
three hundred
nineteen forty-five
five hundred fifty-two
21から99はハイフンを付け、それ以外ではハイフンなし。
時間に関する表現 at three thirty
the three-thirty train
a four o’clock train
the 5:00 p.m. news
通常、ハイフンなし。”three thirty”や”four twenty”などの表現は、名詞の前ではハイフンを付ける。
カテゴリ/特定の表現 ルールの概要
形容詞+名詞 small-state senators
a high-quality alkylate
a middle-class neighborhood
the neighborhood is middle class
名詞の前ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンを付けない。
形容詞+分詞 tight-lipped person
high-jumping grasshoppers
open-ended question
the question was open ended
名詞の前ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンを付けない。
“ly”で終わる副詞+分詞または形容詞 a highly paid ragpicker
a fully open society
he was mildly amusing
名詞の前、後ともにハイフンなし。
“ly”で終わらない副詞+分詞または形容詞 a much-needed addition
it was much needed
a very well-read child
little-understood rules
a too-easy answer
the best-known author
the highest-ranking officer
the worst-paid job
a lesser-paid colleague
the most efficient method
a less prolific artist
a more thorough exam
the most skilled workers (most in skill)
a very much needed addition

名詞の前ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンを付けない。

more, most, less, least, veryには、意味が曖昧にならない限り、ハイフンを付けない。

副詞ではなく、複合語全体が他の副詞によって修飾されている場合、表現全体にハイフンを付けない。

連結形(combining forms) electrocardiogram
socioeconomic
politico-scientific studies
politico-inert
広く使われている表現(permanent)の場合、ハイフンなし。広く使われていない表現(temporary)の場合、ハイフンを付ける。
動名詞+名詞 running shoes
cooking class
running-shoe store
名詞の形式の場合、ハイフンなし。形容詞の形式の場合、ハイフンを付ける。
名詞+形容詞 computer-literate accountants
HIV-positive men
the stadium is fan friendly
she is HIV positive
名詞の前ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンを付けないのが通常。
名詞+動名詞 decision making
a decision-making body
mountain climbing
time-clock-punching employees
a Nobel Prize-winning chemist
bookkeeping
caregiving
copyediting

名詞の形式の場合、通常ハイフンなし。

名詞前の形容詞の場合、ハイフンを付ける。

広く使われている表現(permanent)の一部は、ハイフンなし。

名詞+名詞(最初の名詞が後の名詞を修飾する場合) student nurse
restaurant owner
directory path
tenure track
tenure-track position
home-rule governance
shipbuilder
gunrunner
copyeditor

名詞の形式の場合、ハイフンなし。

名詞前の形容詞の場合、ハイフンを付ける。

広く使われている表現(permanent)のなかには、一語にするものがある。

名詞+名詞(2つの名詞が等価の場合) writer-director
philosopher-king
city-state
city-state governance
名詞の形式、形容詞の形式ともに常にハイフンを付ける。
名詞+数詞 type A
a type A executive
type 2 diabetes
size 12 slacks
a page 1 headline
名詞の形式、形容詞の形式ともに、常にハイフンなし。
名詞+分詞 a Wagner-burdened repertoire
flower-filled garden
a clothes-buying grandmother
a day of clothes buying
名詞の前ではハイフンを付け、それ以外ではハイフンなし。
分詞+名詞 chopped-liver pate
cutting-edge methods
their approach was cutting edge

形容詞の形式ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンなし。

分詞+up, outなどの副詞 dressed-up children
burned-out buildings
ironed-on decal
we were dressed up
that decal is ironed on

形容詞の形式ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンなし。

動詞の形式は常にハイフンなし。

フレーズ、形容詞的語句 an over-the-counter drug
a matter-of-fact reply
an up-to-date solution
sold over the counter
her tone was matter of fact
his equipment was up to date
形容詞の形式ではハイフンを付けるが、名詞の後ではハイフンを付けないのが通常。
フレーズ、名詞 stick-in-the-mud
jack-of-all-trades
a flash in the pan
ハイフンの有無はWebster辞典にしたがう。Webster辞典に記載がない場合、ハイフンなし。
地理や国籍に関する名詞、形容詞 African Americans
African American president
a Chinese American
French Canadians
South Asian Americans
the Scotch Irish
the North Central region
Middle Eastern countries
例外:
Sino-Tibetan languages
the Franco-Prussian War
the US-Canada border
Anglo-American cooperation
Anglo-Americans

名詞の形式、形容詞の形式ともに、ハイフンなし。

例外として、最初の語が接頭辞の場合や、”between”を表す場合はハイフンを付ける。

カテゴリ/特定の表現 ルールの概要
ache toothache
stomachache
常にハイフンなし。
all all out
all along
all over
an all-out effort
an all-American player
the book is all-encompassing
例外:
we were all in [tired]

副詞句はハイフンなし。

形容詞の形式では、名詞の前後ともにハイフンを付けるのが通常。

book reference book
coupon book
checkbook
cookbook
Webster辞典にしたがって、ハイフンなしか一語にする。Webster辞典に記載がない場合、ハイフンなし。
borne waterborne
food-borne
e-mail-borne
mosquito-borne

Webster辞典で一語になっている場合、一語にする。

Webster辞典に記載がない場合、ハイフンを付ける。

複合語の場合、名詞の前後ともにハイフンを付ける。

century the twenty-first century
fourteenth-century monastery
twenty-first-century history
a mid-eighteenth-century poet
late nineteenth-century politicians
her style was nineteenth century

名詞の形式では、常にハイフンなし。

複合形容詞は名詞の前ではハイフンを付け、名詞の後ではハイフンなし。

cross a cross section
a cross-reference
cross-referenced
cross-grained
cross-country
crossbow
crossover
Webster辞典にしたがう。Webster辞典に記載がない場合、名詞、形容詞、副詞はハイフンなしにすべき。
e e-mail
e-book
eBay
決まった形がある場合を除いてハイフンを付ける。
elect president-elect
vice president elect
mayor-elect
county assessor elect
役職名がハイフンでつながれていない複合語の場合を除いて、ハイフンを付ける。
ever ever-ready help
ever-recurring problem
everlasting
he was ever eager

通常、名詞の前ではハイフンを付け、名詞の後ではハイフンなし。

広く使われている表現(permanent)のなかには、一語にするものがある。

ex ex-partner
ex-marine
ex–corporate executive
ハイフンを付ける。但し、ハイフンでつながれていない複合語の前にexを付ける場合、「エヌダッシュ」(アルファベットのnの幅の長さを持つダッシュ記号)を使用する(最後の例参照)。
foster foster mother
foster parents
a foster-family background

名詞の形式では、ハイフンなし。

形容詞の形式では、ハイフンを付ける。

free toll-free number
accident-free driver
the number is toll-free
the driver is accident-free
freeを含んだ複合語は、名詞の前後ともにハイフンを付ける。
full full-length mirror
the mirror is full length
three bags full
a suitcase full

名詞の前ではハイフンを付け、それ以外ではハイフンなし。

cupful, handfulなどの広く使われている表現(permanent)には「ful」を使用する。

general attorney general
postmaster general
lieutenants general

常にハイフンなし。

複数形の場合、generalは単数形のまま。

grand, great-grand grandfather
granddaughter
great-grandmother
great-great-grandson

grandを含んだ複合語は一語にする。

greatを含んだ複合語はハイフンを付ける。

half half-asleep
half-finished
a half sister
a half hour
a half-hour session
halfway
halfhearted

形容詞の形式では、名詞の前後ともにハイフンを付ける。

名詞の形式では、ハイフンなし。

広く使われている表現(permanent)のなかには、名詞、形容詞、副詞にかかわらず一語にするものがある。

house schoolhouse
courthouse
safe house
rest house
Webster辞典にしたがって、ハイフンなしか一語にする。Webster辞典に記載がない場合、ハイフンなし。
in-law sister-in-law
parents-in-law

複合語内の全要素をハイフンでつなぐ。

複数形にできるのは最初の要素のみ。

like catlike
childlike
Christlike
bell-like
a penitentiary-like institution

Webster辞典で一語になっている場合、一語にする。Webster辞典に記載がない場合、ハイフンでつなぐ。

ハイフンでつながれた複合形は、名詞の前後ともにハイフンを残す。

near in the near term
a near accident
a near-term proposal
a near-dead language

名詞の形式では、ハイフンなし。

形容詞の形式では、ハイフンを付ける。

odd a hundred-odd manuscripts
350-odd books
常にハイフンを付ける。
old a three-year-old
a 105-year-old woman
a decade-old union
a centuries-old debate
a child who is three years old
the debate is centuries old

名詞の形式では、ハイフンを付ける。

形容詞の形式では、名詞の前でハイフンを付け、名詞の後でハイフンなし。

on online
onstage
ongoing
on-screen
on-site
Webster辞典にしたがう。Webster辞典に記載がない場合、ハイフンでつなぐ。
percent 5 percent
a 10 percent increase
名詞の形式、形容詞の形式ともに、常にハイフンなし。
quasi(意味:疑似、準~) a quasi corporation
a quasi-public corporation
quasi-judicial
quasiperiodic
quasicrystal

名詞の形式では、通常ハイフンなし。

形容詞の形式では、通常ハイフンを付ける。

広く使われている複合語(permanent)がWebster辞典に記載されている。

self self-restraint
self-realization
self-sustaining
self-conscious
the behavior is self-destructive
selfless
unselfconscious

名詞の形式、形容詞の形式ともに、ハイフンを付ける。

例外として、selfの後に接尾辞が付くか、selfの前にunが付く場合はハイフンなし。

シカゴマニュアル推奨の「unselfconscious」はWebster辞典の表記と異なることに注意。

step stepbrother
stepparent
step-granddaughter
step-great-granddaughter
grand, greatを含む場合を除いて、常に一語にする。
style dined family-style
1920s-style dancing
danced 1920s-style
Chicago-style hyphenation
according to Chicago style
headline-style capitalization
use headline style

副詞の形式、形容詞の形式ともに、ハイフンを付ける。

名詞の形式では、通常ハイフンなし。

vice vice-consul
vice-chancellor
vice president
vice presidential duties
vice admiral
viceroy

ハイフンでつなぐ場合もあれば、ハイフンなしの場合もあれば、一語にする場合もある。

Webster辞典にしたがい、Webster辞典に記載がない場合、ハイフンでつなぐ。

web a website
a web page
web-related matters

名詞の形式では、ハイフンなしか一語にする。

どの辞書にも載っていない場合、ハイフンなしにする。

形容詞の形式では、ハイフンを付ける。

wide worldwide
citywide
Chicago-wide
the canvas was university-wide

Webster辞典で一語になっている場合、一語にする。Webster辞典に記載がない場合、ハイフンでつなぐ。

ハイフンでつながれた複合形は、名詞の前後ともにハイフンを残す。

接頭辞の付いた複合語は、名詞、動詞、形容詞、副詞にかかわらず、通常一語にする。例外的にハイフンを使用する場合として、次の(1)-(5)がある。

(1)大文字で始まる語の前、または数字の前(例:sub-Saharan, pre-1950)
(2)複合語の前(例:non-self-sustaining)。ハイフンでつながれていない複合語の前は、「エヌダッシュ」(アルファベットのnの幅の長さを持つダッシュ記号)を使用する(例:pre–Vietnam War)
(3)「i」や「a」が2つ続く場合や、その他、ハイフンを使用しないと誤解が起きる可能性がある場合(例:anti-intellectual, extra-alkaline, pro-life)
(4)接頭辞が2つ続く場合(例:sub-subentry)
(5)接頭辞が孤立する状態になっている場合(例:over- and underused; macro- and microeconomics)

以下に示す例の大部分は、Merriam-Webster’s Collegiate Dictionaryにしたがっている。以下に含まれていない例(auto, tri, paraなど)に対しても、以下のパターンが当てはまる。

ante

antebellum, antenatal, antediluvian

anti

antihypertensive, antihero 例外:anti-inflammatory, anti-Hitlerian

bi

binomial, bivalent, bisexual

bio

bioeconomy, biophysical, biosociology

co

coequal, coauthor, coeditor, coordinate, cooperation, coworker 例外:co-op, co-opt

counter

counterclockwise, counterrevolution

cyber

cyberspace, cyberstore

extra

extramural, extrafine 例外:extra-administrative

hyper

hypertension, hyperactive, hypertext

infra

infrasonic, infrastructure

inter

interorganizational, interfaith

intra

intrazonal, intramural 例外:intra-arterial

macro

macroeconomics, macromolecular

mega

megavitamin, megamall 例外:mega-annoyance

meta

metalanguage, metaethical 例外:meta-analysis(「metanalysis」と異なることに注意)

micro

microeconomics, micromethodical

mid

midthirties, a midcareer event, midcentury 例外:mid-July, the mid-1990s, the mid-twentieth century, mid-twentieth-century history

mini

minivan, minimarket

multi

multiauthor, multiconductor 例外:multi-institutional

neo

neonate, neoorthodox, Neoplatonism, neo-Nazi(neoを大文字にするか小文字にするか、ハイフンを使うかは辞書にしたがう。辞書に記載がなければ、小文字・ハイフンにする。)

non

nonviolent, nonevent, nonnegotiable 例外:non-beer-drinking

over

overmagnified, overshoes, overconscientious

post

postdoctoral, postmodernism, posttraumatic 例外:post-Vietnam, post-World War II

pre

premodern, preregistration, prewar, preempt 例外:pre-Columbian, Pre-Raphaelite(Preを大文字にするか小文字にするかは辞書にしたがう。辞書に記載がなければ、小文字にする。)

pro

proindustrial, promarket 例外:pro-life, pro-Canadian

proto

protolanguage, protogalaxy, protomartyr

pseudo

pseudotechnocrat, pseudomodern 例外:pseudo-Tudor

re

reedit, reunify, reproposition 例外:re-cover, re-creation(それぞれrecover, recreationと区別するため。)

semi

semiopaque, semiconductor 例外:semi-invalid

sub

subbasement, subzero, subcutaneous

super

superannuated, supervirtuoso, superpowerful

supra

supranational, suprarenal, supraorbital 例外:supra-American

trans

transsocietal, transmembrane, transcontinental, transatlantic 例外:trans-American

ultra

ultrasophisticated, ultraorganized, ultraevangelical

un

unfunded, unneutered 例外:un-English, un-unionized

under

underemployed, underrate, undercount

※1:The University of Chicago Press. The Chicago Manual of Style, 16th ed., 2010, pp.375-384.


カテゴリ: コラム特許翻訳

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP