知財英語情報

クレームにおける発明の定義

(MPEP 2013 IV. A. つづき) 合理的な程度において適当に具体的に発明がクレームで定義されていない場合、その出願は、112条第2パラグラフの第2要件を満たさないことになる。この要件に関し …

詳細を見る 

最初に先行文献を検索する

II.先行技術に対する検索の実施 米国特許庁の職員は、101条に基づくクレーム発明を評価する前に、先行技術の検索を実施しなければならない。一般的に、米国特許、他国の特許、非特許文献を含めた検索を実施し …

詳細を見る 

PAGE TOP