知財英語情報

コロンの使い方

コロン 節と節とを関係付ける 5.97 コロンは、文法的な構造に区切りを与える点で、セミコロンと同様である。しかしコロンは、区切られた2つの要素の間の関係をより強調するために使用される。例えば、コロン …

詳細を見る 

マルチクレームの修正のしかた

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> <マルチクレームへの対応> マルチクレーム(”multiple dependent claim”)は、2つ以上のクレームに択一形式で従属 …

詳細を見る 

thereofやthereinなどを使わない

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> <クレームで使用する用語・表現> ・「及び/又は」 「及び/又は」は“at least one of”と表現しています。 例: XはA及び/又はBからなる. 訳 …

詳細を見る 

wherein節の使用を最小限にする

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> <wherein節の使用を最小限にする> 独立クレームの英訳では、構成要素を1つずつ改行しながら列挙していく形式をとっています(Faber http://bei …

詳細を見る 

comprise の使い方、冠詞の使い方

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> <comprise の使い方> クレームで使用される“comprise”は非限定(open-ended)の表現で、その目的語は「少なくとも一つ」と解釈され複数あ …

詳細を見る 

従属クレームの形式

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> 従属クレームの形式は、「モノ」のクレーム、方法クレームとも共通で、次のような形式を採用しています(ここでは方法クレームを例にしています)。 詳しい説明 [1段落 …

詳細を見る 

方法クレームの形式

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> 方法クレーム(独立クレーム)は、次のような形式を採用しています(特許クレームの起草方法に関するクレームを例にしています)。 詳しい説明 [1段落目] 1. A …

詳細を見る 

「モノ」のクレームの形式

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> 「モノ」のクレーム(独立クレーム)は、次のような形式を採用しています(方法クレームの形式はこちらを参照)。 参考図 [[解説]] [1段落目] (スペース4つ) …

詳細を見る 

PAGE TOP