知財英語情報

etc/and so on/and so forth

米国特許翻訳社では、英文明細書における英文の書式、スタイルはManual of Patent Examining Procedure (MPEP)を参考にしています。MPEPに記載されていない事項に関 …

詳細を見る 

viewとdiagramを使い分ける

特許明細書の図面において、“view”と“diagram”を次のように使い分けています。 ●“view”は、断面図や正面図など、モノの「一面」を示す場合に使う。したがって、“a cross-secti …

詳細を見る 

サマリ(SUMMARY OF THE INVENTION)の記載方法

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> 弊社代表が以前勤めていた米国特許事務所では、サマリを次のような要領で記載していました。 独立クレームの内容のみを記載する。 クレームを複数の文に分けて記載する。 …

詳細を見る 

クロスリファレンスの記載方法

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> 米国出願用の英文明細書では、優先権主張の文言をCROSS-REFERENCE TO RELATED APPLICATIONSとして、発明の名称の直後に記載してい …

詳細を見る 

「公報」の英訳

<当社の翻訳方針をご紹介しています。> さまざまな「公報」の英訳は、次のようにしています。 特開平 ⇒ Japanese Unexamined Patent Application Publicati …

詳細を見る 

PAGE TOP