literally

literally

「文字通り」を表す副詞。特許関連の文書等では、クレーム侵害の文脈で用いられることが多い(例:every element recited in the claim is present in the accused product or process literally(クレームに記載されているすべての要素が、イ号装置またはイ号方法に文字通り記載されている))。「文字通り記載されている」とは、クレームに記載された要素の文言が侵害製品又は侵害プロセスの対応する要素に厳密に対応していることをいう。

literallyは、”under the doctrine of equivalents”(均等論に基づき)という表現と対をなすかたちで用いられる事が多い(例:every element recited in the claim is present in the accused product or process literally or under the doctrine of equivalents(クレームに記載されているすべての要素が、イ号装置またはイ号方法に文字通りまたは均等論に基づき記載されている))。「均等論に基づき記載されている」とは、クレームに記載された要素とイ号製品又はイ号プロセスの対応する要素との間に些細な差異しか認められないことをいう。このような差異があるかないかを決定する方法として用いられるテストがあり、このテストにより、イ号製品又はイ号プロセスに記載された要素が、クレームに記載された要素と実質的に同じ機能を実質的に同じ態様で行い、実質的に同じ結果をもたらすかどうか、が判断されるる。侵害と均等性はクレームの要素毎に判断される。

関連用語:
literal infringement
all elements rule

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP