3つ以上の項目を列挙する際のコンマの使い方~オックスフォード・コンマを付ける~

 

 

 

 

英文において,3つ以上の項目をandやorでつなげて列挙する際,最後の項目以外のすべての項目の後ろにコンマ「,」を設けるべきとされています※1。このようなコンマ(下記例の強調部分)をオックスフォード・コンマと呼びます。

例:
・red, white, and blue
・gold, silver, or copper
・He opened the letter, read it, and made a note of its contents.

これに対して,“red, white and blue”のように,最後から2番目の項目の後ろにはコンマを設けないという手法が慣習的に行われており,この手法の方が好まれる場合もあります。当社はオックスフォード・コンマを設ける手法を採用しています※2

※1 Strunk, William, Jr.; White, E. B. The Elements of Style. 4th ed., Longman, 1999, p.2; The University of Chicago Press. The Chicago Manual of Style, 16th ed., 2010, p.312.
※2 「三つ以上の項目が羅列されている場合、最後の項目以外の各項目の後にコンマを打つこと。」
W.C. ローランド, 奥山尚一, N. マッカードル, J.T. ムラオカ, 時國滋夫. 特許の英語表現・文例集. 講談社サイエンティフィク, 2004, p.101.

本コラムは、『特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル』から一部を抜粋したものです。

-The Chicago Manual of Style~シカゴ・マニュアル~, The Elements of Style, コラム特許翻訳, 特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル

© BPT - Beikoku Patent Translation