知財英語情報

最初に先行文献を検索する

II.先行技術に対する検索の実施 米国特許庁の職員は、101条に基づくクレーム発明を評価する前に、先行技術の検索を実施しなければならない。一般的に、米国特許、他国の特許、非特許文献を含めた検索を実施し …

詳細を見る 

“means plus function”形式は広く解釈される

(“2013 C. クレーム参照”の続き3) 米国特許庁の職員は、クレームの開示内容に基づいて、クレームに対する論理的で最も広い解釈を示す必要がある。MPEP § 2111参照。その開示内容は、明確に …

詳細を見る 

用いる表現による限定程度の相違

(“2013 C. クレーム参照”の続き2) 適切に構築されたクレームの主題は、その権利範囲を限定する用語によって定義される。このようにして定義された主題が審査対象となる。一般的に、クレームに用いられ …

詳細を見る 

特許要件の審査対象&権利範囲

2013 C. クレーム参照 クレームは、特許により与えられる所有権を定義するものである。そのため、慎重な審査が求められる。クレームを分析することにより、出願人が求めている保護範囲の境界を特定し、出願 …

詳細を見る 

明細書を用いた発明評価方法

2013 B. 発明に対する詳細な開示内容および具体的な実施例を参照し、出願人が発明した内容を理解する。 発明を例示し、その発明が従来技術とどのように関連するか説明し、その発明が有する様々な特徴につい …

詳細を見る 

MPEP 2103 I

Manual of Patent Examining Procedure (MPEP) の第2100章“Patentability”を弊社で和訳・再編成したものをご紹介しています。 2103 特許審査 …

詳細を見る 

PAGE TOP