30日間無料メール講座

30日間無料メール講座『米国出願用特許翻訳・重要ポイント解説

当社が採用している米国出願用翻訳の方針についての解説を30日間のメール講座として無料でご購読いただけます。メールを30日間通して読むことで、米国出願用特許翻訳の基礎知識が身に付くようになっています。購読ご希望の方は、こちらからお申し込みください。

30日間無料メール講座登録フォーム

 メール講座の全タイトル
第1回分かりやすい英文の条件
第2回米国用では段落の移動や追加が頻繁にある
第3回括弧を見出しに使う用法はない
第4回実施形態間の優劣表現を避ける
第5回一般的な英文スタイルにする
第6回代名詞を使わない
第7回thereby -ing は避ける
第8回みんな関係代名詞がおかしい!
第9回「~状態」はwithで表現できることが多い
第10回「の」をofにすると誤訳になることがある
第11回depend fromの意味
第12回causeの最も一般的な使い方
第13回「として」をasにすると誤訳になることがある
第14回and the like は誤訳になることがある
第15回「~ため」をsinceなしで訳す
第16回直前の文章をパラフレーズする
第17回「飛躍的に」は単独で使用しても意味がない
第18回演繹法で因果関係を解析する
第19回決めつけを排除した英文を書く
第20回「近年」に注意!
第21回according to the inventionを避ける
第22回「問題」を訳出しない
第23回「問題」を訳出せずに表現する
第24回係り結びを明確に
第25回図面の説明が分かりにくい!
第26回view, diagram, illustrateを使い分ける
第27回drawingとfigureを使い分ける
第28回クレームで注意すべき点
第29回能動態を使う努力をする
第30回補足説明

PAGE TOP