知財翻訳のBEIKOKU

大切な知財を、大切に翻訳します

米国特許翻訳社(BEIKOKU)のホームページにお越しいただきありがとうございます。

私どもBEIKOKUは、少数精鋭の専門スタッフからなる知財翻訳会社です。

お客様に高品質な知財翻訳サービスをご提供することをモットーに、日々精進し活動しております。

知財翻訳のなかでも、私どもは特許明細書の英訳(日英翻訳)をサービスの中心に据えており、米国出願、欧州出願、PCT出願など、出願形式に応じたかたちで翻訳させていただいております。

翻訳にあたり、「高品質とは何か?」について当社で独自に定義し、これを「高品質ポリシー」としてすべての出願用翻訳に対して徹底しております。

高品質ポリシーの徹底により、読み手が翻訳だけを読んで発明を正しく明確にイメージできることを目指しています。

また、知財翻訳のなかでも特に忠実な翻訳が求められるPCT出願の場合でも、意味不明な翻訳を極力排除し、原文の意図が明確に表現された翻訳にするよう努めております。

このような取り組みにより、BEIKOKUでは翻訳に価値(value)を与え、お客様の知財活用パートナーとしてお役に立てるよう努めております。

知財翻訳が高品質でなければならない理由

私どもBEIKOKUは、翻訳が原因で起こり得る問題を極力回避するために、知財翻訳は高品質であるべきと考えています。

特許明細書の翻訳は、原文に忠実に行うことが原則ですが、原文に忠実な翻訳は、ときに読み手にとって分かりにくい文章となり、これがさまざまな問題を引き起こすことがあります。

例えば、外国における特許庁の審査では、審査官は日本語明細書は読まず(読めず)、翻訳された明細書のみを読んで発明内容を判断します。翻訳が分かりにくいと、発明の内容が審査官にうまく伝わらず、不必要な拒絶理由を招き、無駄な時間とコストを費やすことになりかねません。

原文を最大限に尊重したうえで、英文しか読めない読み手にも分かりやすいものとなっている。私どもはそのような知財翻訳を高品質と考え、これを高品質ポリシーのなかで7つに細分化してとらえています。

 

当社の翻訳とチェック体制について

私どもBEIKOKUは、原則として、翻訳1案件に対し社員翻訳者1名が翻訳を担当し、他の社員翻訳者1名が翻訳チェックを担当するという体制をとっております。ただし、繁忙期であるなどの特別な事情がある場合、翻訳担当者自身がチェックも担当させていただく場合がございます。同じく繁忙期などにおいて、お客様の承諾を得た上で、信頼する外部翻訳者に翻訳を依頼し、社員翻訳者1名がチェックを担当するという対応をとらせていただいております。

PAGE TOP