知財翻訳のBEIKOKU

大切な知財を、大切に翻訳します

私ども米国特許翻訳社(BEIKOKU)は、少数精鋭の専門スタッフからなる知財翻訳会社です。

お客様に高品質な知財翻訳サービスをご提供することをモットーに、日々精進し活動しております。

知財翻訳のなかでも、私どもは特許明細書の英訳(日英翻訳)をサービスの中心に据えており、米国出願、欧州出願、PCT出願など、出願形式に応じたかたちで翻訳させていただいております。

翻訳にあたり、「高品質とは何か?」について当社で独自に定義し、これを「高品質ポリシー」としてすべての出願用翻訳に対して徹底しております。これにより、翻訳に価値(value)を与え、お客様の知財活用パートナーとしてお役に立てるよう努めております。

知財翻訳が高品質でなければならない理由

私どもBEIKOKUは、翻訳が原因で起こり得る問題を極力回避するために、知財翻訳は高品質であるべきと考えています。

特許明細書の翻訳は、原文に忠実に行うことが原則ですが、原文に忠実な翻訳は、ときに読み手にとって分かりにくい文章となり、これがさまざまな問題を引き起こすことがあります。

例えば、外国における特許庁の審査では、審査官は日本語明細書は読まず(読めず)、翻訳された明細書のみを読んで発明内容を判断します。翻訳が分かりにくいと、発明の内容が審査官にうまく伝わらず、不必要な拒絶理由を招き、無駄な時間とコストを費やすことになりかねません。

原文を最大限に尊重したうえで、英文しか読めない読み手にも分かりやすいものとなっている。私どもはそのような知財翻訳を高品質と考え、これを次のように細分化してとらえています。

高品質ポリシー・7つのC」についてはこちら

PAGE TOP