35 U.S.C. §103 –Conditions for patentability; non-obvious subject matter–

目次

概要

米国特許法第103条。非自明性を定めた規定。

条文

A patent for a claimed invention may not be obtained, notwithstanding that the claimed invention is not identically disclosed as set forth in section 102, if the differences between the claimed invention and the prior art are such that the claimed invention as a whole would have been obvious before the effective filing date of the claimed invention to a person having ordinary skill in the art to which the claimed invention pertains. Patentability shall not be negated by the manner in which the invention was made.

特許要件;主題の非自明性※1
第102条の規定による同一の開示に該当しなくても、クレーム発明と先行技術との差異が、有効出願日前において、クレーム発明全体として、当該クレーム発明が属する技術分野において通常の知識を有する者にとって自明であったと言える場合は、当該クレーム発明は特許を受けることができない。特許性は、発明が作られた態様を理由として否定されることはない。※2

※1、2:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.115.

Previous << 35 U.S.C. §102 –Conditions for patentability; novelty–

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP