35 U.S.C. §105 –Inventions in outer space–

概要

米国特許法第105条。「宇宙空間における発明活動のうち、合衆国の主権の及ぶ範囲を明確に」※1した規定。

条文

(a)

Any invention made, used or sold in outer space on a space object or component thereof under the jurisdiction or control of the United States shall be considered to be made, used or sold within the United States for the purposes of this title, except with respect to any space object or component thereof that is specifically identified and otherwise provided for by an international agreement to which the United States is a party, or with respect to any space object or component thereof that is carried on the registry of a foreign state in accordance with the Convention on Registration of Objects Launched into Outer Space.
(a)合衆国の管轄内または支配の下で、宇宙物体またはその部品について宇宙空間において生産され、使用され、または販売された発明は、本法の目的の下では、合衆国内で生産され、使用され、または販売されたものとみなされる。ただし、宇宙物体であって合衆国が当事者である国際契約によって特別に指定され、また取り決められたもの、ないしその部品、あるいは宇宙空間打上物体登録条約に従って外国の登録簿に記載された宇宙物体、またはその部品は、この限りではない。※2

(b)

Any invention made, used or sold in outer space on a space object or component thereof that is carried on the registry of a foreign state in accordance with the Convention on Registration of Objects Launched into Outer Space, shall be considered to be made, used or sold within the United States for the purposes of this title if specifically so agreed in an international agreement between the United States and the state of registry.
(b)宇宙空間において生産され、使用され、または販売された宇宙物体またはその部品であって、宇宙空間打上物体登録条約に従い外国の登録簿に記載された発明は、本法の目的の下では、合衆国と当該登録簿を有する国との間での国際契約により特に合意がある場合は、合衆国内において生産され、使用され、または販売されたものとみなされる。※3

※1~3:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.137-138.

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP