35 U.S.C. §113 –Drawings —

目次

概要

米国特許法第113条。図面に関する規定。

条文

The applicant shall furnish a drawing where necessary for the understanding of the subject matter sought to be patented. When the nature of such subject matter admits of illustration by a drawing and the applicant has not furnished such a drawing, the Director may require its submission within a time period of not less than two months from the sending of a notice thereof. Drawings submitted after the filing date of the application may not be used (i) to overcome any insufficiency of the specification due to lack of an enabling disclosure or otherwise inadequate disclosure therein, or (ii) to supplement the original disclosure thereof for the purpose of interpretation of the scope of any claim.
  特許が求められる技術の理解のために必要なとき、出願人は、図面を提出しなければならない。技術の性質上、図面による図解が可能でありながら、出願人が図面を提出しないとき、長官は、通知の送達の日から2月より短くない期間内に図面を提出することを命ずることができる。出願日の後に提出された図面は、(i)実施化のための開示不足、あるいはその他の開示不足による明細書の瑕疵を治癒するため、または(ii)クレーム範囲の解釈につき当初の明細書の記載を補足するために、用いてはならない。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.158.

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP