米国特許法第301条「先行技術の引用および供述書」

目次

概要

米国特許法第301条。査定系再審査(EPR: Ex-Parte Reexamination)において、先行技術を引用することができることを定めた規定。

条文

(a) In General.– Any person at any time may cite to the Office in writing–
(a)一般– いかなる者もいつでも特許商標庁に対して書面にて下記のものを引用することができる–

  (1) prior art consisting of patents or printed publications which that person believes to have a bearing on the patentability of any claim of a particular patent; or
(1)ある特許のいずれかのクレームの特許性に影響があるとその者が信じる特許または刊行物からなる先行技術;または
  (2) statements of the patent owner filed in a proceeding before a Federal court or the Office in which the patent owner took a position on the scope of any claim of a particular patent.
(2)特許権者のその特許のいずれかのクレームの範囲についての立場が記載された、連邦裁判所または特許商標庁に提出された当該特許権者の供述書。
(b) Official File.–
If the person citing prior art or written statements pursuant to subsection (a) explains in writing the pertinence and manner of applying the prior art or written statements to at least 1 claim of the patent, the citation of the prior art or written statements and the explanation thereof shall become a part of the official file of the patent.
(b)公的包袋– もし(a)項に基づき先行技術または供述書を引用した者が、関連性および当該先行技術または供述書を当該特許の少なくとも1つのクレームに適用する方法を書面にて説明する場合は、当該先行技術または供述書の引用、およびその説明は、当該特許の公的包袋の一部とされなければならない。
(c) Additional Information.–
A party that submits a written statement pursuant to subsection (a)(2) shall include any other documents, pleadings, or evidence from the proceeding in which the statement was filed that addresses the written statement.
(c)追加情報– (a)(2)項に基づき供述書を提出する当事者は、当該供述書を特定する当該供述書が提出された手続におけるいかなる他の書類、訴答書面、または証拠をも含めなければならない。
(d) Limitations.–
A written statement submitted pursuant to subsection (a)(2), and additional information submitted pursuant to subsection (c), shall not be considered by the Office for any purpose other than to determine the proper meaning of a patent claim in a proceeding that is ordered or instituted pursuant to section 304, 314, or 324. If any such written statement or additional information is subject to an applicable protective order, such statement or information shall be redacted to exclude information that is subject to that order.
(d)制限– (a)(2)項に基づき提出された供述書および(c)項に基づき提出された追加情報は、第304条、第314条、または第324条に基づき命令または開始された手続において適切な特許クレームの意味を決定する以外の目的で、特許商標庁は考慮してはならない。もし当該供述書または追加情報が所定の保全命令の対象となる場合は、当該供述書または追加情報は、当該命令の対象となる情報を除外するよう編集されなければならない。
(e) Confidentiality.–
Upon the written request of the person citing prior art or written statements pursuant to subsection (a), that person’s identity shall be excluded from the patent file and kept confidential.
(e)秘密性– (a)項に基づく先行技術または供述書を引用する者の書面での要求があった場合は、その者の身元情報は当該特許包袋から除外され秘密とされなければならない。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.480-481.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第302条「再審査の請求」

PAGE TOP