米国特許法第302条「再審査の請求」

目次

概要

米国特許法第302条。査定系再審査(EPR: Ex-Parte Reexamination)の手続きに関する規定。

条文

Any person at any time may file a request for reexamination by the Office of any claim of a patent on the basis of any prior art cited under the provisions of section 301. The request must be in writing and must be accompanied by payment of a reexamination fee established by the Director pursuant to the provisions of section 41. The request must set forth the pertinency and manner of applying cited prior art to every claim for which reexamination is requested. Unless the requesting person is the owner of the patent, the Director promptly will send a copy of the request to the owner of record of the patent.
何人も、第301条の規定により引用されたいずれかの先行技術に基づき、特許のいずれかのクレームの特許商標庁による再審査を、いつにおいても請求することができる。請求は書面をもってなし、第41条の規定により特許商標庁長官が定めた再審査手数料を納付しなければならない。再審査請求書には、再審査請求に係るすべてのクレームに対する引用先行技術の適合性および関連性を記載しなければならない。請求をする者が特許の所有者である場合を除き、長官は再審査請求書の写しを速やかに当該特許の登録された所有者に送付するものとする。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.482-483.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第303条「特許商標庁長官による争点の認定」
previous<<米国特許法第301条「先行技術の引用および供述書」

PAGE TOP