米国特許法第305条「再審査手続の実務」

目次

概要

米国特許法第305条。査定系再審査(EPR: Ex-Parte Reexamination)の審理進行に関する規定。

条文

After the times for filing the statement and reply provided for by section 304 have expired, reexamination will be conducted according to the procedures established for initial examination under the provisions of sections 132 and 133. In any reexamination proceeding under this chapter, the patent owner will be permitted to propose any amendment to his patent and a new claim or claims thereto, in order to distinguish the invention as claimed from the prior art cited under the provisions of section 301, or in response to a decision adverse to the patentability of a claim of a patent. No proposed amended or new claim enlarging the scope of a claim of the patent will be permitted in a reexamination proceeding under this chapter. All reexamination proceedings under this section, including any appeal to the Patent Trial and Appeal Board, will be conducted with special dispatch within the Office.
第304条に規定する陳述書および答弁書の提出期間が満了したときは、第132条および第133条の規定により原審査のために設けられた手続に従って、再審査が行われるものとする。本章による再審査手続のいずれの場合にも、特許の所有者は、第301条の規定により引用された先行技術からクレームに係る発明を区別し、またはクレームの特許性を否認する判断に対応し、自己の特許について補正し、かつ当該特許について単一または複数の新たなクレームを請求することが許される。当該特許のクレームの範囲を拡大する補正または新たなクレームは、本章による再審査手続において求めることができないものとする。本条によるすべての再審査手続は、特許公判・審判部に対する不服申立てを含め、特許商標庁内において特に迅速に処理さるべきものとする。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.492-493.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第306条「不服申立て」
previous<<米国特許法第304条「長官による再審査命令」

PAGE TOP