米国特許法第307条「特許性、特許性否認およびクレーム無効の認証」

目次

概要

米国特許法第307条。「再審査手続の結論と、再審査において補正された特許に対するいわゆる中用権について」の規定。

条文

(a) In a reexamination proceeding under this chapter, when the time for appeal has expired or any appeal proceeding has terminated, the Director will issue and publish a certificate canceling any claim of the patent finally determined to be unpatentable, confirming any claim of the patent determined to be patentable, and incorporating in the patent any proposed amended or new claim determined to be patentable.
(a)本章による再審査手続において、不服申立ての期間が満了し、または不服申立手続が終了したときは、長官は、最終的に特許性が否認された当該特許のいずれかのクレームを取り消し、特許性が認容された当該特許のいずれかのクレームを確認し、かつ、特許性が認容されたクレームで補正がされ、または新たに加えられたものを当該特許に加える認証を発行し、公示するものとする。
(b) Any proposed amended or new claim determined to be patentable and incorporated into a patent following a reexamination proceeding will have the same effect as that specified in section 252 for reissued patents on the right of any person who made, purchased, or used within the United States, or imported into the United States, anything patented by such proposed amended or new claim, or who made substantial preparation for the same, prior to issuance of a certificate under the provisions of subsection (a) of this section.
(b)再審査手続により特許性が認容され特許に加えられたクレームで、補正がされ、または新たに加えられたものは、いずれも、本条第(a)項の規定による認証の発行前に補正され、または新たに加えられたクレームにより特許されたものを米国内において生産し、購入し、または使用または米国内に輸入した者の権利に関し、またはそのために実質的な準備をした者の権利に関し、再発行特許について第252条において規定されたと同一の効果を有するものとする。※※

※、※※:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.495-496.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第311条「当事者系レビュー」
previous<<米国特許法第306条「不服申立て」

PAGE TOP