米国特許法第311条「当事者系レビュー」

概要

米国特許法第311条。当事者系レビュー(Inter Partes Review, IPR)に関する規定。

条文

(a) In General.–
Subject to the provisions of this chapter, a person who is not the owner of a patent may file with the Office a petition to institute an inter partes review of the patent. The Director shall establish, by regulation, fees to be paid by the person requesting the review, in such amounts as the Director determines to be reasonable, considering the aggregate costs of the review.
(a)一般一本章の規定に従い、特許権者以外の者は特許商標庁に対して当事者系レビューの開始の申請を申請することができる。
(b) Scope.–
A petitioner in an inter partes review may request to cancel as unpatentable 1 or more claims of a patent only on a ground that could be raised under section 102 or 103 and only on the basis of prior art consisting of patents or printed publications.
(b)範囲一 当事者系レビューの申請者は、第102条または第103条の規定にのみ基づく理由であって、かつ特許または刊行物からなる従来技術にのみ基づき、特許の1以上のクレームの特許性が無いとして取り消しを請求できる。
(c) Filing Deadline.–A petition for inter partes review shall be filed after the later of either–
(c)申請期日― 当事者系レビューの申請は、下記のいずれか遅い方より後に申請しなければならない一
  (1) the date that is 9 months after the grant of a patent; or
(1)特許の付与、または再発行特許の発行日から9カ月後の日;または
  (2) if a post-grant review is instituted under chapter 32, the date of the termination of such post-grant review.
(2)もし第32章の付与後レビューが開始されている場合は、当該付与後レビューが終了した日。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.497.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第312条 「申請(当事者系レビュー)」

 

PAGE TOP