米国特許法第312条「申請(当事者系レビュー)」

目次

概要

米国特許法第312条。当事者系レビュー(Inter Partes Review, IPR)の申請に関する規定。

条文

(a) Requirements of Petition.–A petition filed under section 311 may be considered only if–
(a)申請の要件– 第311条に基づく申請は、以下の要件を満たす場合のみ考慮される–
  (1) the petition is accompanied by payment of the fee established by the Director under section 311;
(1)申請が、第311条に基づき特許商標庁長官により設定された料金の支払いを伴うこと;
  (2) the petition identifies all real parties in interest;
(2)申請が、すべての利害関係当事者を特定していること;
  (3) the petition identifies, in writing and with particularity, each claim challenged, the grounds on which the challenge to each claim is based, and the evidence that supports the grounds for the challenge to each claim, including—
(3)申請が、書面により明確に、取消しを求める各クレーム、各クレームの取消しの理由、および各クレームの取消しの理由の根拠となる証拠を特定し、以下のものを含むこと–
    (A) copies of patents and printed publications that the petitioner relies upon in support of the petition; and
(A)申請者が申請の根拠とする特許および刊行物の写し;および
    (B) affidavits or declarations of supporting evidence and opinions, if the petitioner relies on expert opinions;
(B)もし申請者が専門家の鑑定に依拠する場合は、根拠となる証拠および当該鑑定に関する宣誓書または宣誓書;
  (4) the petition provides such other information as the Director may require by regulation; and
(4)申請が、特許商標庁長官が規則により要求することができるその他の情報を提供すること;および
  (5) the petitioner provides copies of any of the documents required under paragraphs (2), (3), and (4) to the patent owner or, if applicable, the designated representative of the patent owner.
(5)申請者が、第(2)、(3)、および(4)項に基づき要求される書類の写しを特許権者、または該当する場合は当該特許権者の指定代表者に提供すること。
(b) Public Availability.–
As soon as practicable after the receipt of a petition under section 311, the Director shall make the petition available to the public.
(b)公衆利用可能性一 第311条に基づく申請の受領後できるだけ速やかに、特許商標庁長官は当該申請を公衆に利用可能としなければならない。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.500-501.

米国特許用語集一覧に戻る

Next>>米国特許法第313条「申請に対する予備応答(当事者系レビュー)」

previous<<米国特許法第311条「当事者系レビュー」

PAGE TOP