米国特許法第317条「当事者系レビューにおける和解」

(a) In General.–
An inter partes review instituted under this chapter shall be terminated with respect to any petitioner upon the joint request of the petitioner and the patent owner, unless the Office has decided the merits of the proceeding before the request for termination is filed. If the inter partes review is terminated with respect to a petitioner under this section, no estoppel under section 315(e) shall attach to the petitioner, or to the real party in interest or privy of the petitioner, on the basis of that petitioner’s institution of that inter partes review. If no petitioner remains in the inter partes review, the Office may terminate the review or proceed to a final written decision under section 318(a).
一般–
本章に基づき開始された当事者系レビューは、いかなる申請者に関するものであっても、当該申請者および特許権者による共同請求応じて終了しなければならない。ただし、当該終了の請求が提出される前に特許商標庁が当該手続の本案を決定していた場合はこの限りではない。もし本条の申請者に関して当事者系レビューが終了した場合、当該申請者による当該当事者系レビューの開始を根拠に、当該申請者、利害関係当事者、または当該申請者の利害関係人に対して、第315条(e)項に規定する禁反言は適用されない。もし当事者系レビューの申請者として当該手続に残る者がいなくなった場合は、特許商標庁は、当該レビューの終了、または第318条(a)項に規定する最終決定書の発行に進むことができる。
(b) Agreements in Writing.–
Any agreement or understanding between the patent owner and a petitioner, including any collateral agreements referred to in such agreement or understanding, made in connection with, or in contemplation of, the termination of an inter partes review under this section shall be in writing and a true copy of such agreement or understanding shall be filed in the Office before the termination of the inter partes review as between the parties. At the request of a party to the proceeding, the agreement or understanding shall be treated as business confidential information, shall be kept separate from the file of the involved patents, and shall be made available only to Federal Government agencies on written request, or to any person on a showing of good cause.
書面での合意–
本条の当事者系レビューの終了に関連してまたはその終了を考慮してなされた特許権者と申請者の間の合意または理解は、当該合意または理解の中の付随的合意を含めて、書面によるものでなければならず、当事者間の当該当事者系レビューが終了する前に当該合意または理解の正確な写しを特許商標庁に提出しなければならない。本手続のいずれかの当事者の要求があった場合は、当該合意または理解は商業的機密情報として扱われなければならず、対象特許の包袋とは別に管理され、かつ書面での請求をした連邦政府機関、または正当理由を示した者にのみ閲覧可能としなければならない。

※、※※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.509-510.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第318条「当事者系レビューにおける審判部の決定」

previous<<米国特許法第316条「当事者系レビューの実施」

 

PAGE TOP