米国特許法第318条「当事者系レビューにおける審判部の決定」

Decision of the Board
第318条 審判部の決定
(a) Final Written Decision.–
If an inter partes review is instituted and not dismissed under this chapter, the Patent Trial and Appeal Board shall issue a final written decision with respect to the patentability of any patent claim challenged by the petitioner and any new claim added under section 316(d).
(a)最終決定書– 当事者系レビューが開始され、本章に基づき却下されなかった場合は、特許公判審判部は、申請者により争われている特許クレーム、および第316条(d)項に基づき追加された新たなクレームの特許性に関して最終決定書を発行しなければならない。
(b) Certificate.–
If the Patent Trial and Appeal Board issues a final written decision under subsection (a) and the time for appeal has expired or any appeal has terminated, the Director shall issue and publish a certificate canceling any claim of the patent finally determined to be unpatentable, confirming any claim of the patent determined to be patentable, and incorporating in the patent by operation of the certificate any new or amended claim determined to be patentable.
(b)証明書– 特許公判審判部が(a)項に基づく最終決定書を発行し、かつ不服申立ての期間が満了または不服申立てが終了した場合、特許商標庁長官は、特許性が無いと最終的に決定された特許クレームを取り消し、特許性が有ると決定された特許クレームを承認し、および特許性が有ると決定された新規のまたは補正されたクレームを当該特許に組み込むことに関する証明書を発行および公開しなければならない。
(c) Intervening Rights.–
Any proposed amended or new claim determined to be patentable and incorporated into a patent following an inter partes review under this chapter shall have the same effect as that specified in section 252 for reissued patents on the right of any person who made, purchased, or used within the United States, or imported into the United States, anything patented by such proposed amended or new claim, or who made substantial preparation therefor, before the issuance of a certificate under subsection (b).
(c)中用権– 本章の当事者系レビューにおいて、特許性が有り、特許に組み込まれると決定された、提案された補正クレームまたは新たなクレームは、(b)項に基づく証明書が発行される前に、当該提案された補正クレームまたは新たなクレームにより特許された物を、合衆国内で製造し、購入し、または使用した者、またはその実質的準備をした者の権利について、再発行特許について第252条で規定される効果と同様の効果を有しなければならない。
(d) Data on Length of Review.–
The Office shall make available to the public data describing the length of time between the institution of, and the issuance of a final written decision under subsection (a) for, each inter partes review.
(d)レビュー期間に関する情報一 特許商標庁は、各当事者系レビューについて、当該レビューの開始から(a)項に規定する最終決定書の発行までの期間を記載した情報を公衆に利用可能としなければならない。

※~※※※※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.511.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第319条「当事者系レビューにおける不服申立て」
previous<<米国特許法第317条「当事者系レビューにおける和解」

PAGE TOP