米国特許法第372条「国内段階:要件および手続」

(a) All questions of substance and, within the scope of the requirements of the treaty and Regulations, procedure in an international application designating the United States shall be determined as in the case of national applications regularly filed in the Patent and Trademark Office.
(a)合衆国を指定する国際出願についての、実体および手続に関するすべての疑義は、条約および規則の要件の範囲内において、特許商標庁に通常される国内出願と同様に決定されるものとする。
(b) In case of international applications designating but not originating in, the United States—
(b)合衆国を指定するが合衆国に最初にはされなかった国際出願については、
  (1) the Director may cause to be reexamined questions relating to form and contents of the application in accordance with the requirements of the treaty and the Regulations;
(1)長官は、条約および規則に定める要件に従い、当該出願の様式および内容に関する疑義を再審査させることができ、
  (2) the Director may cause the question of unity of invention to be reexamined under section 121, within the scope of the requirements of the treaty and the Regulations; and
(2)長官は、本法第121条に従い、発明の単一性についての疑義を条約および規則に定める要件の範囲内において再審査させることができ、かつ、
  (3) the Director may require a verification of the translation of the international application or any other document pertaining to the application if the application or other document was filed in a language other than English.
(3)長官は、国際出願またはその他の書面が英語以外の言語でされた場合には、該出願またはその出願に関するすべての書面の翻訳文の確認を求めることができる。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.545.

next>>米国特許法第374条「国際出願の公開」

previous<<米国特許法第371条「国内段階:開始」

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP