米国特許法第375条「国際出願に基づく特許の効果」

(a) A patent may be issued by the Director based on an international application designating the United States, in accordance with the provisions of this title. Such patent shall have the force and effect of a patent issued on a national application filed under the provisions of chapter 11.
(a)合衆国を指定する国際出願に基づく特許は、本法の規定に従い、特許商標庁長官により発行されるものとする。かかる特許は、第11章の規定に基づいて国内出願に対して発行される特許の効力および効果を有する。
(b) Where due to an incorrect translation the scope of a patent granted on an international application designating the United States, which was not originally filed in the English language, exceeds the scope of the international application in its original language, a court of competent jurisdiction may retroactively limit the scope of the patent, by declaring it unenforceable to the extent that it exceeds the scope of the international application in its original language.
(b)合衆国を指定する国際出願であって、英語で最初にされなかったものについて付与された特許の範囲が、不正確な翻訳によりヽ国際出願の元の言語における範囲を越えるものであるときは、管轄権を有する裁判所は、元の言語の国際出願の範囲を越える部分についての権利主張の無効を宣言することにより、該特許の範囲を事後的に制限することができる。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.546.

next>>米国特許法第376条「国際出願に関する手数料」

previous<<米国特許法第374条「国際出願の公開」

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP