35-USC-4

目次

概要

米国特許法第4条。「在職中および退職後の特許商標庁の職員が、職権を不公正に利用することを防止」※1するための規定。

条文

Restrictions on officers and employees as to interest in patents
Officers and employees of the Patent and Trademark Office shall be incapable, during the period of their appointments and for one year thereafter, of applying for a patent and of acquiring, directly or indirectly, except by inheritance or bequest, any patent or any right or interest in any patent, issued or to be issued by the Office. In patents applied for thereafter they shall not be entitled to any priority date earlier than one year after the termination of their appointment.

特別職員および一般職員に対する特許にかかわる権利の制限
特許商標庁の特別職員および一般職員は、在職期間および退職後1年間、相続または遺贈を除いて、直接、間接を問わず、特許出願すること、特許を取得すること、特許商標庁による特許の前後を問わず、特許にかかわる権利または利益を得ることを禁ぜられる。その後に出願された特許に関し、彼らは、その退職後1年間内に遡る優先権を主張することはできない。※2

※1、2:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.24.

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP