attorney-client privilege

attorney-client privilege

弁護士とクライアントとの間における秘匿特権。

法律上の助言を求めるにさいし、attorney*(弁護士)とclient*(依頼主)との間で交わされたコミュニケイションは、それに関する証拠提出やdiscovery*(開示手続)での開示を拒否することができるというprivilege*(特権).
田中英夫編. 英米法辞典. 初版, 東京大学出版会, 1994, p.77.

The client’s right to refuse to disclose and to prevent any other person from disclosing confidential communications between the client and the attorney. — Also termed lawyer-client privilege; client’s privilege.
“attorney-client privilege”. Black’s Law Dictionary. Thomson Reuters, 10th ed., 2014, p.1391.

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP