effective filing date

effective filing date (有効出願日)

先の出願(earlier application)に基づいて優先権主張を伴う出願において、先の出願が提出された日。

すべての特許出願には、実際の出願日(actual filing date)と有効出願日(effective filing date)とがある。優先権主張を伴わない出願の場合、有効出願日は、その出願が必要書類がすべて揃っているかたちで米国特許庁に提出された日。つまり、有効出願日と実際の出願日が同じ。

例えば、出願X、Y、Zというパテントファミリーについて考えてみる。Z出願は、Y出願に基づいて優先権を主張し、Y出願はX出願に基づいて優先権を主張するとする。この場合、継続性のある出願(continuing applications)であるY出願とZ出願の有効出願日は、親出願であるX出願の実際の出願日となる。

X出願が2012年8月8日に出願されたとすると、Y出願とZ出願の有効出願日は、2012年8月8日となる。親出願であるX出願の有効出願日も、同じく2012年8月8日となる。このように、パテントファミリーの出願は通常、すべて有効出願日が同じ。

関連法規

37 CFR 1.109
https://www.bitlaw.com/source/37cfr/1_109.html

1.109 Effective filing date of a claimed invention under the Leahy-Smith America Invents Act.
(a) The effective filing date for a claimed invention in a patent or application for patent, other than in a reissue application or reissued patent, is the earliest of:
(1) The actual filing date of the patent or the application for the patent containing a claim to the invention; or
(2) The filing date of the earliest application for which the patent or application is entitled, as to such invention, to a right of priority or the benefit of an earlier filing date under 35 U.S.C. 119, 120, 121, or 365.
(b) The effective filing date for a claimed invention in a reissue application or a reissued patent is determined by deeming the claim to the invention to have been contained in the patent for which reissue was sought.

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP