oath

oath

宣誓証書。公証人の前で、宣誓者が述べる内容が真実であることを宣誓すること。特許出願(non-provisional application)の際、発明者はoath又はdeclaration(宣誓書)を行い/作成し、提出する必要がある(35 U.S.C. 115)。他人の前で行う必要のないdeclarationの方が一般的に用いられる。oath又はdeclarationには、例えば以下のことを宣誓/記載する必要がある(37 CFR 1.63)。

・宣誓者の氏名
・出願を特定する記載
・宣誓者本人が最初の発明者であること
・宣誓者が明細書及びクレームの内容を確認し、理解していること
・特許性に関わる情報をすべて提供する義務を負っていること(37 CFR 1.56)を理解していること

Black’s Law Dictionaryによる定義:
A solemn declaration, accompanied by a swearing to God or a revered person or thing, that one’s statement is true or that one will be bound to a promise. ● The person making the oath implicitly invites punishment if the statement is untrue or the promise is broken. The legal effect of an oath is to subject the person to penalties for perjury if the testimony is false.

“oath”. Garner, Brian A. Black’s Law Dictionary, 10th ed., 2015, p.1239.

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP