jV3JBebL

Patent Terminology~特許用語解説~ お知らせ・セミナー情報 特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル

Inferential claimingの戦略的活用法:Patent Terminology~特許用語解説~第14回

2022/2/7  

  米国特許弁護士のブライアン・エプスタイン氏(Modal PLLC)による米国特許ショートセミナー「Patent Terminology~特許用語解説~」の第14回が下記の日程にて行われる ...

Faber on Mechanics of Patent Claim Drafting コラム特許翻訳 特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル

コラム特許翻訳:Inferential claimingについての基本情報

2022/2/2  

Inferential claimingとは? 特許クレームにおいて、構成要素として明確に記載すべきものを明確に記載しないことをinferential claimingといい、不適切な形式と判断される ...

コラム洋書多読 書籍紹介

コラム洋書多読:"Grinding It Out: The Making of McDonald's"~成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝~

2022/1/22  

英語難易度: Grinding It Out: The Making of McDonald'sは、マクドナルドの創業者といわれるレイ・クロック氏(1902-1984)の自伝です。クロック氏がマクドナ ...

ExaminIrks~審査官を困らせないための米国特許実務~ お知らせ・セミナー情報

独立クレームと限定・選択要求に関する実務:審査官を困らせないための米国特許実務~ExaminIrks~第13回

2022/1/22  

  米国特許弁護士のブライアン・エプスタイン氏(Modal PLLC)によるセミナー「審査官を困らせないための米国特許実務~ExaminIrks~」の第13回が下記の日程にて行われる予定です。 セミナ ...

『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語

グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語~per~

2022/1/12  

グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』を題材に※、特許翻訳における適切な英語表現について考えていきます。※※ 今回は、「per」(p.473-475)について見ていきます。 1.第1編 よく誤用 ...

英文明細書マニュアル

【背景技術】「従来、・・・が知られている」のさまざまな英訳方法

2022/8/17  

【背景技術】の典型的なパターン 日本語明細書の【背景技術】には、「従来、・・・が知られている」という典型的なパターンがあります。   従来、パイプ加工用のレーザ加工装置が知られている(例えば、特許文献 ...

Patent Terminology~特許用語解説~ お知らせ・セミナー情報

Patent Terminology~特許用語解説~第13回:「物語風」クレーム(narrative claim language)について

2022/1/7  

  米国特許弁護士のブライアン・エプスタイン氏(Modal PLLC)による米国特許ショートセミナー「Patent Terminology~特許用語解説~」の第13回が下記の日程にて行われる ...

Patent Terminology~特許用語解説~ お知らせ・セミナー情報

Patent Terminology~特許用語解説~第12回:否定的限定(negative limitations)について

2022/1/7  

  米国特許弁護士のブライアン・エプスタイン氏(Modal PLLC)による米国特許ショートセミナー「Patent Terminology~特許用語解説~」の第12回が下記の日程にて行われる ...

Faber on Mechanics of Patent Claim Drafting Patent Practice コラム特許翻訳

コラム特許翻訳:否定的限定(Negative limitations)についての基本情報

2022/1/7  

          否定的限定(Negative limitations)とは、ある構成を「~である」(what it is)ではなく「~ではない」( ...

コラム特許翻訳 特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル

コラム特許翻訳:「短文」化のためのアイデア②~直前の文章をパラフレーズする~

2022/8/16  

日本語明細書を英訳するにあたり,原文が長く,そのまま英訳すると英文も長くなり読みにくくなると思われる場合,原文を複数文に分けてから英訳する,いわゆる「短文」化が推奨されています。今回は,前回に続き「短 ...

© BPT - Beikoku Patent Translation