知財英語情報

serving asの注意点

『米国出願用特許翻訳・重要ポイント解説』 はこれまでに2000人を超える方々に ご購読いただきました。 一番反響が大きかったのが、 第8回 『みんな関係代名詞がおかしい!』で、 関係代名詞の本当の使い …

詳細を見る 

サポート要件違反

『112条第1パラグラフが指摘されてサポート要件違反と言われたんです。』 「米国出願?」 『そうなんです。クレームに”電力変換部”が出てくるんですけど、明細書に”電力変換部”が記載してないからサポート …

詳細を見る 

「は」?「が」?

『なんとなくしっくりこないなぁ・・・。』 「今日はどうしたの?」 『今回も外内のクレームを翻訳をしているんですけど、なんとなくしっくりこないんですよ。』 「どんなクレームなの?」 『”A method …

詳細を見る 

「…と、…と、…と」

『う~ん、うまく訳せないなぁ。』 「どうしたの?」 『ヨーロッパからの外内の翻訳をしているんですけど、“おいて書き”になるプリアンブル部分がうまく訳せなんですよね~。』 「どんなプアンブルなの?」 『 …

詳細を見る 

化合物の選択

『聞いてくださいよ!』 「今日は朝からどうしたの?」 『すごくいい発明なのに、アメリカで自明だという拒絶理由が出されたんです。従来の溶媒に酢酸を一滴たらすだけで、普通の細胞が万能細胞に変化する発明だっ …

詳細を見る 

引例の図面

『あ~あ、残念。』 「どうしたの?」 『実は、米国出願で引例が挙げられ、新規性欠如と言われたんです。クレームの内容と同じような図面がその引例に記載してあったんですよ。あ~あ、残念。』 「で、どんなクレ …

詳細を見る 

PAGE TOP