知財英語情報

物クレームの機能的限定は無視される

米国特許弁護士の山口洋一郎氏によるセミナー『米国特許出願手続きのポイントと情報開示義務対策』が平成28年9月28~30日に東京、愛知、大阪で開かれました。米国特許実務者だけでなく、米国出願用特許を行う …

詳細を見る 

図面を参照しやすくするための工夫

特許明細書には、多くの場合図面が添付されています。 当然のことですが、図面が添付されている明細書を翻訳する際、必ず図面を参照しながら翻訳にあたる必要があります。 例えば、原文の「図5に示すように、」を …

詳細を見る 

「wherein」節

特許特有の表現の一つに「wherein」節がある。使いやすい表現であるため、US・EP等現在多くの独立クレーム・従属クレームで頻繁に用いられている。 しかしながらUS特許出願では、独立クレームに「wh …

詳細を見る 

PAGE TOP