米国特許法第314条「当事者系レビューの開始」

概要

米国特許法第314条。特許権者に対し、当事者系レビュー(Inter Partes Review, IPR)の開始のための基準等に関する規定。

条文

(a) Threshold.–
The Director may not authorize an inter partes review to be instituted unless the Director determines that the information presented in the petition filed under section 311 and any response filed under section 313 shows that there is a reasonable likelihood that the petitioner would prevail with respect to at least 1 of the claims challenged in the petition.
(a)基準一 特許商標庁長官は、第311条に基づき提出された申請および第313条に基づき提出された応答にて示された情報が、当該申請にて争われている少なくとも1つのクレームにつき申請者が勝つであろう合理的可能性を示していると判断しない限り、当事者系レビューの開始を許可することができない。
(b) Timing.–The Director shall determine whether to institute an inter partes review under this chapter pursuant to a petition filed under section 311 within 3 months after–
(b)時期一 特許商標庁長官は、下記に定める時から3カ月以内に、第311条に基づき提出された申請につき本章の当事者系レビューを開始するか否かの決定をしなければならない一
  (1) receiving a preliminary response to the petition under section 313; or
(1)第313条に基づく申請に対する予備応答を受領した時;または
  (2) if no such preliminary response is filed, the last date on which such response may be filed.
(2)予備応答が提出されない場合は、予備応答を提出できる期限の最終日。
(c) Notice.–
The Director shall notify the petitioner and patent owner, in writing, of the Director’s determination under subsection (a), and shall make such notice available to the public as soon as is practicable. Such notice shall include the date on which the review shall commence.
(c)通知一 特許商標庁長官は、申請者および特許権者に対して、(a)項に基づく当該長官の決定を書面にて通知し、かつできるだけ速やかに当該通知を公衆に利用可能としなければならない。当該通知はレビューが開始される日付を含むものとする。
(d) No Appeal.–
The determination by the Director whether to institute an inter partes review under this section shall be final and nonappealable.
(d)不服申立て不能― 特許商標庁長官による本条に基づく当事者系レビューを開始するか否かの決定は、最終的なものであり、不服申立てすることはできない。

※日本語訳:幸田, ヘンリー. 米国特許法逐条解説. 第6版, 発明推進協会, 2013, p.502.

米国特許用語集一覧に戻る

next>>米国特許法第315条「他の手続または訴訟との関係」

previous<<米国特許法第313条「申請に対する予備応答(当事者系レビュー)」

PAGE TOP