placement after specification

placement after specification

米国特許法第112条(b)項には、「明細書は、その結論としてクレームで終わること」([T]he specification shall conclude with one or more claims)と規定されており、クレームを明細書の最後に配置することが示唆されている。

米国特許用語集一覧に戻る

PAGE TOP