コラム特許翻訳:「短文」化のためのアイデア①:「~しているため」をsinceを使わずに訳す


日本語明細書は,1つの文章が非常に長いことで知られています。そして,これを英訳した文章も非常に長くなることが多く,審査官にとって日英翻訳は読みにくいという印象を与えています。以下は,米国特許庁の元審査官がこの問題について記した文章です。

Translators and writers are both guilty of using long sentences. When I see long sentences in a translation, I suspect that the original Japanese text employed long sentences. There is no reason that the English translator cannot use short sentences in the translation. Long sentences are difficult for translators to understand. Long sentences formed by the translator are difficult for the patent examiner and others to understand.※1
【参考日本語訳】
翻訳者及び日本語明細書作成者は,長文を用いないでいただきたい。翻訳文中の長文は,日本語で書かれた原文がそもそも長いと考えられます。しかし,英語翻訳者が短文を用いてはならないという理由はありません。日本語明細書作成者によって書かれた長文は,翻訳者にとって理解しづらいものです。同様に,翻訳者によって書かれた長文は,特許の審査官や他の関係者にとっても理解しづらいものです。

ここで提案されているように,日本語原文が長いからといって,英訳も長文にしなければならないという理由はないと思われるため,日本語の一文が長い場合,この一文を複数の短い英文に分けて英訳する,いわゆる「短文」化することが推奨されます。具体的にどのように「短文」化すべきかについて見ていきます。

英訳が長くなる原因と思われる日本語表現の1つである「~しているため,…することができる」という表現を「短文」化して英訳する方法について考えます。一般的に,「~しているため」(ほかにも「~であるため」など)の訳としてsince(またはbecause)が使用されます。

そして,日本語明細書では「~しているため」の「~」の部分が非常に長くなることがあり,これに伴って英訳であるsince以降の文章も長くなることがあります。例として,「~しているため,上記問題を解決することができる」という日本語原文において,「~」の部分が非常に長い場合を考えます。これをsinceを使用して英訳すると,次のように長文かつバランスの悪い英文となります。

このような長文にしないための「短文」化方法として,「~しているため,…することができる」を,「~している」「これにより,…することができる」の2文に分け,これらをそれぞれ英訳して2つの英文とすることが考えられます。これにより,sinceを使用することによる「長文」化を避けることができます。より具体的な例として,次の日本語原文を英訳してみます。

「本実施形態では,1つの電源によりAユニットとBユニットの両方に電圧を印加するため,ユニットごとに電源を設ける必要がない。」

以下は,この原文を上記の要領で2文に分け,この2文を英訳して2つの英文にするという「短文」化を行った例です。

「本実施形態では,1つの電源によりAユニットとBユニットの両方に電圧を印加する。これにより,ユニットごとに専用の電源を設ける必要がなくなる。」

In this embodiment, a single power source is used to apply voltage both to the unit A and the unit B.  This configuration eliminates the need for providing a power source dedicated to the unit A and a power source dedicated to the unit B.

この英訳では,「これにより,」をThis configurationと表現しています。configurationは「構成」と訳されることが多い英単語で,直前で説明した構成をThis configurationで受け,その構成による効果を説明するという表現パターンがあります。

This configuration eliminates or minimizes the generation of torque by the inertial mass during surface translation when the user accelerates the device and changes its direction using the control portion of the axle.
https://patents.google.com/patent/US4775147

This configuration of the lift structure 200 eliminates the need for the independent positioning means of the lift mechanism 72 found on a typical front-load container truck 70, greatly simplifying the overall design of the device 10 and minimizing the expense of manufacture and maintenance.
https://patents.google.com/patent/US7883310B2/en

このように,configurationは「短文」化を行う際に短文同士を関係づけるための便利な英単語です。なお,configurationを使用する代わりに,直前の文章をパラフレーズすることにより「短文」化を行う方法もあります。これについては次回見ていきます。

※1 ジェームズ・バーロー「特許出願における英語翻訳文をより良いものにするために」
http://beikokupat.com/barlow/

本コラムは、『特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル』から一部を抜粋したものです。


カテゴリ: コラム特許翻訳

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP