知財英語情報

『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語

「両方」「両者」「両側」の「両」は"both"より"two"の方が適切なことが多い:『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語~both~

2022/5/19  

グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』を題材に※、特許翻訳における適切な英語表現について考えていきます。※※ 今回は、特許明細書で多用される「両」に対応する「both」(p.142-145)につ ...

Essentials of Patent Claim Drafting Faber on Mechanics of Patent Claim Drafting Patent Terminology~特許用語解説~ コラム特許翻訳 特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル

方法クレームの各工程における動名詞

2022/5/8  

方法クレームの独立クレームは、通常複数の工程からなり、各工程は日本語で「~する工程」のように記載されています。各工程の英訳では、日本語の記載に合わせて例えば次のように"a step of"で始まる例が ...

アメリカ在住 特許弁護士のブログ

英語コミュニケーションのコツ:5つの極意で仕事に使える英会話スキルをレベルアップ!

2022/4/26  

新年度が始まり別の部署に異動したり、新しい仕事を任された人も多いのではないでしょうか?その中でも海外の拠点のサポートや外国企業との交渉で英語で話す必要がある仕事についた人も多いと思います。そこで今回は ...

Faber on Mechanics of Patent Claim Drafting Patent Terminology~特許用語解説~ お知らせ・セミナー情報

方法クレームの基本と戦略的利用法について:Patent Terminology~特許用語解説~第17回

2022/4/25  

  米国特許弁護士のブライアン・エプスタイン氏(Modal PLLC)による米国特許ショートセミナー「Patent Terminology~特許用語解説~」の第17回が下記の日程にて行われる ...

『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語

"categorized by"は誤用!:『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語~categorizeとclassify~

2022/4/13  

グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』を題材に※、特許翻訳における適切な英語表現について考えていきます。※※ 今回は、「categorizeとclassify」(p.167-172)について見て ...

Faber on Mechanics of Patent Claim Drafting コラム特許翻訳

「複数の前記脚部」の訳し方~特許英訳における単数形と複数形の扱い~

2022/4/8  

特許英訳における単数形と複数形の扱いについて、Faber on Mechanics of Patent Claim Drafting(Faber)の解説をもとに考えていきます。 例えば、独立クレームに ...

書籍紹介

米国特許を題材にした国際サスペンス小説『鷲の驕り』(服部真澄)

2022/4/2  

『鷲の驕り: 国際知略サスペンス』(服部真澄著)は、米国特許を題材にした国際サスペンス小説です。 コンピュータ・セキュリティの専門家である日本人主人公が、通産省の諜報部門職員や日系自動車メーカーの技術 ...

Patent Terminology~特許用語解説~ お知らせ・セミナー情報

英文特許クレームにおける「過去形vs.現在完了形」:Patent Terminology~特許用語解説~第16回

2022/3/23  

  米国特許弁護士のブライアン・エプスタイン氏(Modal PLLC)による米国特許ショートセミナー「Patent Terminology~特許用語解説~」の第16回が下記の日程にて行われる ...

Patent Practice Patent Terminology~特許用語解説~ コラム特許翻訳

コラム特許翻訳:英文特許クレームにおける単数形と複数形についての基本情報

2022/3/16  

英文特許クレームにおける単数形と複数形について、Patent Practice※(Irving Kayton氏によるパテント・バー対策のテキスト)の解説を以下にまとめます。 ・"an element ...

『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語

"rest part"は誤用!:『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語~rest~

2022/3/10  

グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』を題材に※、特許翻訳における適切な英語表現について考えていきます。※※ 今回は、「rest」(p.523-524)について見ていきます。 1.第1編 よく誤 ...

© BPT - Beikoku Patent Translation