知財英語情報

記録媒体には「non-transitory」を付加

日本のコンピュータプログラムに関する請求項をそのまま翻訳して米国出願すると、特許法の保護対象(101条)ではないとして拒絶され得る(MPEP 2106)。「コンピュータプログラム/computer p …

詳細を見る 

独立クレーム?従属クレーム?

以下の様な内容の日本語クレーム1及び2があったと想定する。 クレーム1.AとBとCとを備えるモータ。 クレーム2.クレーム1に記載のモータとDとを備える車両。 このクレームを翻訳すると、以下の様な翻訳 …

詳細を見る 

「備える」は「comprising」?

次の様な内容の日本語クレームがあったと想定する。「タッチパネルと筐体を2つに折り畳んで重ねる畳重構造とを備えることを特徴とする携帯電話端末。」 この場合、「備える」としてどのような英単語を選択すればよ …

詳細を見る 

プリアンブル

以下の様な内容の日本語クレームがあったと想定する。 (クレーム)タッチパネルを有する携帯電話端末において、筐体を2つに折り畳んで重ねる畳重構造を備えることを特徴とする携帯電話端末。 (内容)スマートフ …

詳細を見る 

「wherein」節

特許特有の表現の一つに「wherein」節がある。使いやすい表現であるため、US・EP等現在多くの独立クレーム・従属クレームで頻繁に用いられている。 しかしながらUS特許出願では、独立クレームに「wh …

詳細を見る 

「Description」と「Specification」

 日本で特許を受けようとする場合に提出する書類の一つに、「明細書」が存在する(36条2項、3項)。IDSなどで翻訳文を提出する必要がある場合、この日本の「明細書」に対して何という英単語を用いれば良いの …

詳細を見る 

PAGE TOP